街の菓子店が「きれいごと」経営で伸びる理由

いい会社は「八方よし」の経営を行っている

もちろん、無条件に日本的経営を持ち上げるわけではありません。種々の批判があることも承知していますし、これだけ外部環境が変化したなか、昔の日本的経営に立ち返ることなど現実的ではないでしょう。いま必要なのは、日本的経営の優れた部分を継承し発展的にアップデートした新しい経営モデルです。

そこで私は、近年のCSV重視の動向などもふまえて、よりよい資本主義をつくるための「合言葉」を思い切って提案してきました。それが、「八方よし」の経営です。

近江商人の「三方よし」とは「売り手よし、買い手よし、世間よし」、つまりかかわる人全員が幸せになることがその本質でした。一方、CSVで重要なことは、企業と社会どちらにとっても利益となる、「共通価値」を創造することにあります。

そこで、双方のよいところを取り入れ、
1:三方よしの「三方」を「八方」にしてみましょう
2:その八方すべてのステークホルダーとの間に「共通価値」を見いだしましょう
というのが私の提案です。

八方よしとは、①社員②取引先・債権者③株主④顧客⑤地域(住民・地方自治体など)⑥社会(地球・環境など)⑦国(政府・国際機関など)⑧経営者のステークホルダー全員と、どちらにとっても利益となる「共通価値」を創造することにあります。

「八方よし」経営では、人件費は“コスト”じゃない

いきなり「共通価値」といわれても、なんだかピンとこないかもしれません。はじめに、その真逆にあたる「利益相反」の関係から考えてみましょう。利益相反の関係とは、一方が利益になると、他方が不利益を被る関係のことをいいます。

たとえば、ある企業が利益の最大化だけを目的にしたとします。すると社員の給与は「コスト」と捉えられ、人件費は少ないほうがよくなる。取引先であれば、価格(製造原価)を下げるように過度に圧力をかける。顧客に対しては、リピート率を無視して質の低い商品を高値で売りつける。

地域、社会、国(政府)に対しても同様です。地域負担金、環境負担金、法人税などを「コスト」と考えれば、できるだけ支払わない経営が優れた経営ということになります。これらは経営者の立場に立った場合の利益相反ですが、どの立場であろうとも、金銭的価値だけを優先すれば、自分以外のステークホルダーはみな「コスト」として捉えられてしまうのです。

一方、企業がすべてのステークホルダーとの間に「共通価値」を築く「八方よし」では、売り手である経営者、社員、取引先・債権者、株主は、みな「コストの発生源」ではなく「付加価値を分配する対象」と考えます。たとえば社員に対しては、決算書のなかの「人件費」を費用項目から外して収益額を出し、その分配先として人件費を定義する。そうすると、経営者と社員は「収益を分配する対象」として同じ方向を向くことができます。取引先・債権者・株主も同じことです。

次ページ長野県のお菓子屋さんを伸ばす“八方よし”経営
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT