アニメ「聖地」で魅力PR、京阪と叡電の挑戦

きっかけは「けいおん!」巡礼者だった

叡電と同じ京阪グループの京阪電気鉄道も2011年夏に「けいおん!」とのタイアップを決めた。映画版が公開されるのにあわせて、石山坂本線(滋賀県大津市)でラッピング電車「放課後ティータイムトレイン」を走らせることになった。

運行初日の朝7時、600形電車が車庫から出てくると、近江神宮前駅や線路際で待ち受けていたファンたちからどよめきが広がった。フルラッピング仕様で5人のメインキャラクターが車体狭しと描かれていたからだ。車内にも作品の1コマ1コマを拡大したシールが貼り巡らされ、扉や吊り革にまで意匠が施された。

彼らが即座にツイッターでつぶやき、ブログで速報したことで、情報は一気に拡散した。京阪も記念切符を準備するが、7000セットはまもなく完売した。

全国からファンが殺到

それから半年、全国の「けいおん!」ファンが大津市に殺到した。ラッピング車両はいつ走るのか、現場に問い合わせが殺到し、途中からホームページで運行ダイヤと発車時刻を公表するようになった。「けいおん!」づくしの車内を見るため、ファンたちは撮影するだけでなく、ラッピング電車に乗って小旅行を楽しんでくれた。

アニメ「中二病でも恋したい!」のフルラッピング電車。京阪が取材協力をして作品中に京阪石山駅や石山坂本線も登場する異色作だ(筆者撮影)

2014年に「けいおん!」ラッピング電車第2弾を運行したとき、何度も来てくれるファンのためにちょっと工夫をしてみた。ヘッドマークのデザインを2~3週間ごとに入れ換えてみたのだ。「お気に入りのキャラクターはいつ登場するんだろう」とみんな喜んでくれた。

京阪本線でも、2014年からアニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」とのタイアップが始まった。世界的な有名観光地となった伏見稲荷大社をモデルにした作品であったが、京阪サイドとして大きな期待をしていたわけではない。京都市役所から依頼されて「地域振興の一助にでもなれば」と名を連ねたというものだった。

次ページ「聖地」の集客力を地域資源に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT