日本が貢献した「イスラム紛争終結」の舞台裏

ミンダナオ和平プロセスは成田から始まった

ミンダナオ島南西沖スールー諸島の民族衣装で着飾った少女たち。イスラム文化が最も色濃い地域として知られる(筆者撮影)

フィリピンでもイスラム教徒に対する警戒感や差別意識は根強い。マニラで「バンサモロに通っている」と言うと、「なぜそんな危ない所に行くのか」「首を切り落とされないのか」と真顔で心配されたりする。

しかし、イスラムの人々は押し並べて穏やかで親しみやすく、ごく一部の集団を除いて排他的な攻撃性はない。MILF幹部も「戦後の焼け野原から世界有数の経済大国になった日本、規律を重んじる日本人に学びたい」と考えており、当地のイスラム教徒と日本人は相性が良いのだと思う。

ミンダナオ和平は当初、アキノ前大統領の任期末の2016年に自治政府が実現するはずだったが、反対派議員などの妨害で政治プロセスが停滞した。これを引き継いだドゥテルテ大統領は「フィリピンのトランプ」などと揶揄されるが、実際はまったく正反対の“マイノリティびいき”であり、地元ミンダナオのイスラム勢力とも良好な関係にある。

「歴史の間違いを正し、任期中に必ず最終和平を実現する」と繰り返し言明し、2022年までにバンサモロ自治政府を発足させることが期待される。国民の支持率8割という圧倒的人気を追い風に一気に事を運べば、展望が大きく開けるだろう。

和平が実現すればノーベル平和賞もの

2016年のノーベル平和賞は、左翼ゲリラとの内戦を終結させた南米コロンビアの大統領に贈られた。世界が融和と連帯ではなく、憎悪と対立に傾きかけている中、少数派のイスラム教徒に高度な自治権を認めて紛争を解決し、共存共栄を目指すミンダナオ和平プロセスが成功すれば、間違いなく平和構築のモデルケースになる。その時はミンダナオ和平がノーベル平和賞候補に挙がってもおかしくない。

日本の隣国というと中国、韓国、北朝鮮にばかり注目が集まるが、もうひとつの隣国フィリピンとの結び付きを知ると、また違った日本の立ち位置が見えてくるのではないだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT