「東京化する」千葉大学よ、それでいいのか

なぜわざわざ東京に「新キャンパス」なのか

大阪杯(4月2日、阪神競馬場第11R)。伝統のレースですが、いや、GⅠレースに格上げされまして、初レースなんですね。ただ、このレースは過去にもトウカイテイオー、メジロマックイーンなど錚々(そうそう)たるメンバーが制している、言うなれば名門レース。今回もすごい面子が集まりました。

なんといっても、マカヒキの取捨選択。

問題は前走の「京都記念3着」をどう見るかですよね。

「世界のライアン・ムーア」が乗っていて、乗りミスは見当たらない。昨年のダービー馬がマジで追い比べをして、サトノクラウンはおろか、7歳馬のスマートレイアーとさえ競り負けた……という現実をどう見るかが大問題。あのダービーで見せた豪脚はどこに行ったのか、というくらい、ふがいない負け方といっていいでしょう。

大阪杯は「やけくそ」で「マカヒキ単勝10万円」だっ!

馬場が重かった、という理由づけがされますが、それだけなんでしょうかね~。馬券が外れたから恨みを言うわけではありませんが、調整上の問題なのか、はたまた本当に早熟馬なのか……ここで結論が出ることになります。

まして、ぶっつけ本番でくるキタサンブラック(2016年の年度代表馬)あたりにやられるとなると、もう凱旋門賞に挑戦したからもくそもない。日本最強馬はサトノダイヤモンド、ということになるでしょう。王座奪還なるか!?の大勝負といっていい。鞍上もクリストフ・ルメール騎手。もう言い訳は通用せんぜよ……

結論。もう、やけくそでマカヒキ単勝10万円で勝負っす!!(とか言いながら、ひそかにアンビシャスを抑えたりするんですが……)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。