リアルに回帰する、消費者

なぜ、日本人はモノを買わないのか?【第2回】

ますます重要性が増すO2O

以上のようにリアル店舗の重要性はさらに高まっているが、「リアル回帰」という表現は、決してインターネットとリアル店舗との二者択一で、リアル店舗が選ばれているという意味ではない。最近では、リアル店舗のみ、もしくはインターネットのみで、探索→検討→購入といった一連の消費行動を完結させる消費者は少なくなっている。

このことは、O2O(Online to Offline)と呼ばれるEC(電子商取引)を通じた新たなビジネスモデルにも関連する事柄として、大変興味深い。野村総合研究所では、O2O市場の市場規模は、2013年度の約35兆円から、2017年度には約51兆円に拡大すると予測しており、リアルとネットの融合は、今後も重要性が増していくテーマである。

情報過多の現代、オンライン(インターネット)とオフライン(実際の店舗チャネル)を適切に組み合わせながら、信頼できる情報を消費者に提供していくことが企業には求められている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT