JFE、今期計画は本当に“期待外れ”?

第1四半期好発進も、上方修正期待しぼむ

今上半期(2013年4~9月期)の計画は、売上高1兆7600億円(前年同期比21%増)、営業利益650億円(同5.8倍)、経常利益700億円(同17倍)、純利益450億円(同30倍)といずれも大幅反発。

一方、今通期(13年4月~14年3月期)については、「原料価格の動向が不透明で、合理的な予想を算定するのは困難」(会社側)として、経常利益1700億円(前期比3.3倍)のみを公表した。「コスト削減とエンジニアリング事業の増益によって、下半期は対上半期比で300億円の経常増益となる」(同)との説明だ。

東洋経済「会社四季報」夏号(6月発売)では、JFEの今2014年3月期業績について、売上高3兆7500億円、営業利益1900億円、経常利益2013億円、純利益1170億円を独自に予想していた。前期に発生した在庫評価損のマイナス影響が縮むことと、年間1000億円程度のコスト削減効果発現を見込んでのものだ。

通期の経常利益計画は市場の期待下回る

これと比べると、会社側による今期計画はかなり控えめ。第1四半期決算発表前である、7月22日時点でのアナリストコンセンサス(QUICK、12社ベース)の経常利益予想2305億円も大幅に下回る。

JFEの今期の鋼材出荷量は、自動車向けの好調や建材分野の増加などで、前年比微増を確保する見通し。円高の是正により、輸出環境も好転しつつある。一方、円ベースでの原料価格は上昇傾向で、今後は原料価格の製品への価格転嫁が課題となりそうだ。

なお、高炉大手の決算発表としては7月29日に神戸製鋼所が第1四半期決算を発表したが、神戸製鋼は期初計画に比べて今通期の経常利益見通しを150億円引き上げるなど、JFEとは“対照的”だ。また、7月31日には新日鐵住金、8月5日には日新製鋼ホールディングスの第1四半期決算が予定されている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT