インド・モディ首相、ブラックマネー撲滅狙う

バークレイズのチーフ・エコノミストに聞く

シッダールタ・サニアル (Siddhartha Sanyal)/バークレイズEM市場リサーチチームのディレクターおよびチーフ・インド・エコノミスト。在ムンバイ。エーデルワイス・キャピタルを経て、2010年10月からバークレイズ。エーデルワイス・キャピタルではインド経済および金融セクターの調査を統括。それ以前はインド準備銀行の経済分析政策部門に8年以上にわたり勤務。ニューデリーのジャワハルラール・ネルー大学にて経済学修士号を取得。(撮影:今井康一)

制度改革、意識改革で納税させることが大事

――インドで、一種の二重経済構造が生まれたのには、どういう経緯があるのでしょうか。

地方を中心に、銀行口座やクレジットカード、電子決済システムがまだ十分に浸透していない。伝統的に現金が決済手段の中心だ。

多くの小規模事業者は、顧客から現金を受け取り、所得を過小に申告している可能性がある。政府も、こうした小規模事業者の所得をなかなかチェックできないでいる。先日、ある会合でインドの財務相が「インドの納税意識の水準はまったく満足できるものではない」と嘆いていたほどだ。

インドの農民の大多数は貧しく、非常に小規模な土地しか持っていないため、農業所得がきちんと申告されず、非課税になっている。それゆえ、納税意識の向上は政府にとって大きなチャレンジだ。歴代政府の課題であり続けたテーマであり、われわれも期待している。

――GST導入の意義はほかにありますか。

租税制度の簡素化だ。インドの税制は複雑で、関税や売上税、地方税など多くの税がある。ビジネスの観点からすると、GSTの導入によって税制を簡素化すると、ビジネスがしやすくなる。

政府は4年間の税制改革のロードマップを作った。法人税率は30%から5%ポイント引き下げ、税額控除制度の大半を廃止する。税率引き下げで税収は落ちるが、企業にしてみれば、税制がよりクリーンになり、汚職などが減少する。

次ページ次なる解決課題
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT