ボロボロだった居酒屋ワタミが復活してきた

アサヒ「中生」は199円、焼き鳥も「納得の味」!

ワタミの新業態「三代目鳥メロ」で焼き鳥を食したカリスマ投資家の内田衛氏。味は十分「合格」だった(撮影:東洋経済オンライン編集部)

日経平均株価はいよいよ2万円まであと一息。カリスマ投資家の内田衛氏は3月上旬までの約2週間、どんな取引をしていたのか? 「株日記」で振り返ってみよう。内田氏もこの先、2万円到達は時間の問題と読んでいるようだ。

この連載の一覧はコチラ

【2月27日(月)】13時8分、神奈川地盤のコンビニ中堅のスリーエフ(7544)を333円(前日比+30円)で1200株売り、3600円の利益確定。買いは2016年8月16日に330円で。2月本決算企業なのだが、株主優待の権利は8月のみ。優待目的で買ってはみたものの、業績が悪すぎて「失敗したかな」と思っていた。

株価が動意づいたので、損をしないところで売り注文を出したら、売れてよかった。終値は、34円高の337円。千葉と埼玉の店舗のうち約90店舗をダブルブランド「ローソン・スリーエフ」店に改装しているようだが、もうローソンでいいのではないかと思うのだけれどな。日経平均株価は、176円安の1万9107円と4日続落。

ワタミの新業態「三代目鳥メロ」はイケる!

スーパードライ199円は安い!(筆者撮影)

ワタミ(7522)の新業態「三代目鳥メロ」神田西口駅前店に行く。昨年の9月に「わたみん家」から業態転換したそうだ。店員さんに聞くと、平日でもお客さんが入るようになったそうだ。

オススメの秘伝のぷるぷるダレの国産焼鳥7本盛り合わせ999円(税抜き)を食べてみたら、明らかにおいしくなっていた。お客さんが入るようになったのも納得の味であった。

アサヒスーパードライ中生が199円(税抜き)は安いと思う。本日のワタミの終値は、20円高の1220円。

【2月28日(火)】午前5時半、日経225先物は、70円高の1万9210円。NYダウは、15ドル高の2万0837ドルと12日続伸で過去最高値を更新。日経平均は、大引けにかけて伸び悩み11円高の1万9118円と5営業日ぶり小反発。

【3月1日(水)】午前5時半、日経225先物は、前日比変わらずの1万9130円。NYダウは、25ドル安の2万0812ドル。優待目的保有で水産の極洋(1301)が、44円高の3015円と3000円台に乗せてきた。2月6日から「変わらず」を挟み17日続伸。極洋の株主優待は、3月末に100株保有で5000円相当の自社製品(缶詰)で、なんだ缶詰かと思ってしまうのだが、実際に食べてみたら高級缶詰で缶詰とは思えないくらいおいしかった。

次ページTVでも「ワタミ小復活」リポート。株価は上がるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT