ボロボロだった居酒屋ワタミが復活してきた

アサヒ「中生」は199円、焼き鳥も「納得の味」!

昨年の優待品を写真に撮ってみた。しかし、1月27日に株主優待制度の変更に関するお知らせがあった。2018年以降の基準が変更となり、100株で2500円相当の自社製品、300株で6000円相当の自社製品になる。100株株主にとっては、改悪となる。昨年は、優待品と一緒にギフト注文の案内も入っていた。おいしかったらお中元などギフトで使ってと、株主に対しても営業していて、しっかりしているなと思った。日経平均は274円高の1万9393円と大幅高。

極洋の優待品はなかなか。優待制度が改悪されるのはちょっと悲しい(筆者撮影)

【3月2日(木)】午前5時半、日経225先物は、200円高の1万9590円。NYダウは、303ドル高の2万1115ドルと大幅高で、トランプ大統領の議会演説を好感した。また、米3月利上げ観測が高まりドル高進み、1ドル114円台。リソー教育(4714)が、17円高の647円と年初来高値更新。週足チャートを見ると右肩上がりで、1年で2倍の株価になっており、まさにリソー的なチャートだ。日経平均は、171円高の1万9564円と3日続伸。

【3月3日(金)】午前5時半、日経225先物は、50円安の1万9570円、NYダウは、112ドル安の2万1002ドル。3月21日に、東証マザーズ新規上場の力の源(もと)ホールディングス(3561)のIPO(新規株式公開)に申し込んでみた。仮条件が540円から600円なので、野村證券に成り行きで1000株、三菱UFJモルガンスタンレー証券に成り行きで1000株、マネックス証券に600円で100株申し込んだ。ここは一風堂というラーメンチェーン店で知名度も高く、なかなかおいしいので。日経平均は、95円安の1万9469円。

【3月4日(土)】午前5時半、日経225先物は、20円高の1万9490円、NYダウは、2ドル高の2万1005ドル。1ドル114.05円、1ユーロ121.19円。米、月内利上げ検討へ、FRBイエレン議長明言と報道。

結局、ワタミは前週末比で「5円高」

暴騰とはいかなかったが、鳥メロの焼き鳥は良かった(筆者撮影)

【3月5日(日)】7時30分、TBSテレビ「がっちりマンデー」という番組で、「今、どん底からちょっとだけ復活してます!」というテーマでワタミが取り上げられていた。新業態のミライザカ(新宿御苑店)と三代目鳥メロ(神田西口駅前店)とたまたま両店舗とも私が行ったお店が映っていた。ワタミの明日の株価にどう影響するのか楽しみだ。

【3月6日(月)】保有銘柄の年初来高値更新が相次いだ。極洋は、70円高の3110円、リソルホールディングス(5261)は、7円高の375円、アルファ(3434)は、214円高の1802円、ワタミは、5円高の1359円、JR九州(9142)は、30円高の3685円。

確定申告に行った。昨年の上場株式の配当金が628万9200円と過去最高となった。配当金についての申告は、3種類あって選択制だ。ほとんどの人は、源泉徴収されているので申告なしの人が多いと思うが、株式譲渡損がある人は、配当金と損益通算すれば配当金に源泉されている税金を還付することができる。また、私の場合は、配当金所得を申告することによって、配当控除(5%)を受けるという方法もある。また、所得税の納税は、口座引き落としの手続きをすれば、4月20日木曜日となるので、振り込み(3月15日)に比べて1カ月遅くできる。日経平均は、90円安の1万9379円と続落。

次ページ宅配ボックスのアルファが案の定、爆騰!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT