世界で日本ビジネスの存在感が減退するワケ

「日本エリートはズレている」の著者に聞く

――中国と韓国とは感情的な対立が生じ、それが乗じて両国の企業には負けない、負けていないと見る日本人も少なくはない。

外交安保での指摘は(中韓に)しっかりすべきだが、中韓の欠点だけ見て悦に入っているとすれば、厳しいのでなくて、甘いのだ。単純すぎる。現地への食い込みは韓国が積極的。中国は国営企業が典型だが、財布(予算)が大きく、世界規模で展開している。中東のある国で「中国企業の方が日本より仕事熱心でスピードもあり魅力が大きい」との声もある。各国に住む人の数でも大きな差がある。

中国社会の「いい加減さ」や、サムスン電子、大韓航空のスキャンダルだけを見て、安心する日本になっていないか。世界でのビジネス拡大は、彼らの努力がまさる面がある。上から目線でいるうちに他国に後れをとり、世界の実態認識も自己イメージもズレていないか。これでは日本の力が弱まる。

他国のスキャンダルを見て安心する愚

――中東ビジネスについては、日本企業のプレゼンスが大きかった時代があるが、現在はどうか。

1970年代にイラン、イラクなどで日本企業は強かったが、相次ぐ戦乱や混乱で縮小・撤退した。その間、欧米が巻き返し、また1990年代末から中韓が急に伸びてきた。ドバイで開催される巨大な各種ビジネスイベントで、日本企業のプレゼンスが非常に小さく、ショックを受けた。中国やドイツ、英国は、企業数も展示面積も、日本の10~30倍。フランスやイタリア、韓国が日本の4~10倍。台湾やブラジル、トルコも、日本よりずっと大きい。UAEや中東には日本へのリスペクトがあるが、日本はそこにあぐらをかいて、シェアやプレゼンスが低下してしまった。

――日本の中東イメージが「戦乱、テロ、対立」と否定的・一面的すぎることも作用している。

私もそうだった。ドバイに来て驚いたが、ここは日本社会のはるか前を行く、グローバルビジネス社会だ。イスラム教のスンニ派もシーア派も、キリスト教もヒンズー教も、みな同じ職場で協力して、流暢な英語を駆使して働いている。外国留学経験者が非常に多く、世界をよく知っている人たちが各国とネットワークを築いている。逆に、日本は世界の実態を知らず、腰が引けている。

日本は「自分だけが努力している」「本物は日本だけ。他はずるいかラッキーなだけ」かのような錯覚があるようだ。国づくりでもビジネス拡大でも、他国の方が汗をかき、努力していることは多い。物まねや石油だけで、ここまで来たわけではない。UAEにも課題はあるが、日本の中東イメージはあまりに一面的すぎる。

次ページネットワーク構築が不得手な日本
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?