「ETFだけに投資する人」は何が問題なのか

「積立NISA=インデックス投信」はおかしい

藤野:私、「利確」(利益確定)という言葉が本当に嫌いなんですね。利確できる投資家がいちばん賢いという風潮が昨今、非常に強まっています。たとえば、小売業にセリアという会社があります。この会社の株価って私が投資を開始した時期と比較すると今は20倍以上にもなったのですが、利確至上主義の投資家は、おそらくここまで持ちきれなかったでしょう。

ひょっとしたら株価が2倍になったところで利確しているかもしれない。でも、そういう投資家は、20倍超のリターンを享受することはできないのです。それはNISAも同じで、最近、NISAで積立投資をしている投資家が、トランプラリーの影響で基準価額が上昇したのを見て、どんどん利確のために解約しています。

NISAの5年期限ルールはあるものの、これは、NISAの基本概念と照らし合わせてみてもどうなのかなぁ思いますね。それで、どうして利確をしたがるのかを考えてみたのですが、日本人って現金がホームポジションだと思っているからではないでしょうか。何に投資をしていたとしても、最終的には現金に換えて持つという意識が強いから、株式でも長期投資ができず、ちょっと値上がりしただけで「利確売り」をしてしまうような気がします。

金融庁の長期投資への姿勢は評価

渋澤:なるほど。確かに、日本では「現金」が好きで、本当の意味での「資産」という存在を理解していないのかもしれません。多くの日本人は「お金持ち」になることを好むけれども、資産を形成して「資産家」になることの意味がわからないのかもしれない。

中野:まあ、でも積立NISAで20年の非課税期間を獲得できたのは、ひとえに金融庁の成果でしょう。当初は非課税期間10年と言われていましたが、いろいろな経緯があって、最終的に金融庁が20年でねじ込んだ。それだけ金融庁自身も、長期投資に力を入れている証拠だと思います。

投資対象についても、一部ではインデックスファンドのみなどと言われていますが、決してそのようなことはないと思いますよ。いずれにしても、制度実施まであと9カ月程度。さまざまな調整が行われるなかで、積立NISAの本当の姿が、徐々に表れてくるでしょう。

ただ、積立NISAが長期的な資産形成を支えるためのものだとしたら、やはりインデックスファンドしか認めないのはおかしな話です。特に日本はこの20年間、ほとんど経済が成長していません。それなのに、日本株インデックスファンドで長期投資をすればリターンが得られるなどというのは、まったく合理性を欠く論拠です。やはり、長期的に生き残っていける企業を発掘して投資するのが、日本における株式投資の王道であり、そのためにはアクティブファンドが活躍する余地を、もっと広げていく必要があると思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT