結婚するとは「運命共同体」を結成することだ

1人が楽な43歳男性が41歳女性に決めた理由

お見合いの申し込みをするのは、35歳くらいまでのお人形さんのようなルックスの美人ばかり。

「もう少し年齢の幅を広げましょうよ」

「子どもが欲しいですから」

「妊娠する年齢には個人差があるし、40を超えていても出産している人はいるわよ」

「それはわかりますけど」

「美人にばかりお申し込みをかけても、受けてもらうのは難しいよ」

「それもわかるんですけど、最初は自分が会ってみたい人にお申し込みをかけてもいいですか?」

こうして20件の申し込みをしたが、それらはひとつも受諾されなかった。その後、女性の年齢を40歳までに広げ、5つのお見合いを組むことができた。

お見合いをした中で、祐一がとても気に入ったのが、38歳の看護師。彼女と3回目の食事を終えた時に、祐一は言った。

「彼女とは結婚に向けて真剣交際に入ろうと思います」

「そう。じゃあ、その気持ちをお相手にも伝えましょう」

そう言っていた矢先、彼女から“お断り”が来た。本人は手応えを感じていただけにいたく落ち込んだ。

それから15人くらいの女性とお見合いをしただろうか。彼が“交際したい”と思った女性からは断られる。彼が“お断り”しようとする女性からは「交際希望」がくる。交際に入っても1、2度食事をすると「お断り」がくる。うまくいかないことが続いた。

「なんでうまくいかないんですかね。僕のどこが悪いんですか」

お見合いを始めてから半年が過ぎたころ、事務所に訪ねてきた祐一が言った。婚活疲れを起こしているのは表情からわかった。

選ぼうとすると、相手を減点法で見てしまう

「婚活って、“選ぼう”としているとうまくいかないのよ。選ぼうとしている時ってジャッジの目よね。ジャッジしようとすると、どうしてもお相手を減点法で見てしまう。お申し込みをかけてくれた女性で、“この人はピンとこない”と思っても積極的に会ってみたらいいんじゃない?」

こんな話をしてしばらくたったころ、祐一が申し込みをかけた36歳の女性と38歳の女性から受諾が来た。さらに、41歳の女性が祐一に申し込みをかけてきた。

36歳はかわいい系、38歳は美人系、41歳は地味で普通の容姿だった。3人の写真を並べたら、男性の9割が36歳のかわいこちゃんか38歳の美人を選ぶだろう。男性は、1歳でも若く、見た目のいい女性が好きだ。

お見合いの後3人と交際に入ったのだが、それぞれの女性と何度か食事やデートを重ねていた祐一が、ある時こんなメールを入れてきた。

「僕は、幸枝さんと真剣交際に入ろうと思います」

選んだのは、41歳の女性だった。

次ページアロママッサージが効いた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。