結婚するとは「運命共同体」を結成することだ

1人が楽な43歳男性が41歳女性に決めた理由

「祐一さんは、○○って珍しい名字ね」

「そうなんですよ。先祖が九州の△△という町の出身で、その地域には多い名字なんです。子どもの頃から親父に“この名字を途絶えさせたらご先祖様に申し訳ない。祐一が結婚したら男の子をつくって、この名字を受け継がせるんだぞ”と言われて育ちました。だから漠然と大人になったら結婚するものだと思っていました」

180センチメートルの長身、サイドを短く刈り込んだヘアスタイルには清潔感があり、服の趣味も悪くない。女性からは好感をもたれるタイプだ。それなのに、「実は、最近まで結婚はもうしなくてもいいかなと思っていたんです」と言う。

その祐一が、なぜ “結婚をしよう”と思うようになったのか。まずは恋愛遍歴と結婚までの経緯をひもとこう。

「初めて彼女ができたのは大学2年生の時です。恋愛は、まあ遅咲きデビューですね。でも、そこからは人並みに恋愛をしてきたと思います」

大学を卒業して、メーカーに就職。大学時代の彼女とはお互いに仕事を持つようになると、時間と気持ちのすれ違いができて別れてしまった。

その後、27から30歳になるまで付き合っていた2つ下の女性がいたが、そろそろ結婚を言い出そうかと思っていた矢先、「別に好きな人ができたから」と、振られてしまった。

「彼女の28歳の誕生日にプロポーズしようとダイヤのネックレスまで買っていたんで、当時はかなりショックでした。おかしな兆候はあったんですよ。振られる2カ月くらい前から、デートの約束をすると直前で“急な仕事が入った”とか、“母の具合が悪いから、今日は早めに帰宅しないといけない”とかドタキャンが続くようになっていたので」

失恋による傷は大きく、しばらくは女性と付き合う気持ちにはなれなかったそうだ。ただ誘われれば合コンや飲み会には出向き、そこで知り合った女性と連絡先の交換をしては、2、3度食事はする。しかしそこから真剣な交際に進展することはなく、30代も半ばになっていた。

35歳を過ぎると、出会いは一気になくなった

「35歳を超えると、恋愛事情って一変するんですよね。“いいな”と思う女性にはすでに彼氏がいるし、合コンの誘いも減る。出会いが格段に少なくなりました」

さらに、会社では中堅扱い。責任ある仕事を任されるようになって、日々忙しい。月曜から金曜までは夜10時近くにクタクタになって帰宅し、土曜日は1日死んだように眠る。日曜日は午前中ダラダラして、午後にプラッと近所のホームセンターやショッピングモールに買い物に行くような生活。「恋愛から、どんどん遠のいていきました」。

就職してからはひとり暮らしをしていたものの、38歳のときに実家に戻った。これも、祐一から恋愛や結婚を遠ざける要因になった。

次ページ母がうつ病になって見えたもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。