森友学園問題は「アッキード事件」ではない 政治家の関与を冷静に分析する必要がある

拡大
縮小
山本太郎参議院議員は昭恵夫人の参考人招致を求めたが……(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

「“アッキード事件”という言い方は、限度を超えているのではないか。この問題の核心とは関わりなく、まさに人の名誉を傷つけるために委員会の場を活用されるというのは極めて不愉快である、遺憾であると申し上げておきたい」

安倍晋三首相は3月2日の参院予算委員会で、森友学園問題について昭恵夫人の参考人招致を求める山本太郎参院議員に対し、怒りを通り越した冷静さでこう述べた。

その前日に日本共産党の小池晃参院議員に対し、「いちいち妻をまるで犯罪者扱いするのは不愉快だ」と声を荒げたのとは対照的だ。

「一瞬でね、カネだと思った」

いずれにしろ、もういい加減にしてほしいというのが安倍首相の本音に違いない。だがそんな安倍首相の思いとは関係なく、森友学園問題は新たな局面を見せている。まずは3月1日夜、鴻池祥肇元防災担当大臣が緊急会見を行った。

「オバハン(籠池泰典理事長夫人)、うううって泣いて出しよった。“こんにゃく”であったか、“天ぷら”か“かまぼこ”か“ういろう”か、知らん。確かめてへんから」

“こんにゃく”とは100万円の束のことらしい。記者から“こんにゃく”の厚さを尋ねられた鴻池氏は「これくらいやろな」と言って、右手の親指と人差し指で2、3センチほどの空間を作った。

「一瞬でね、カネだと思った。それをとって、『無礼者』と言ったんだ。男の面(ツラ)を銭ではたく、政治家の面を銭ではたく。出入り禁止やん、そんなん」

次ページ鴻池氏の政治家としての本能
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT