西野亮廣「僕ならスマホ授業を全面解禁する」

学校を「楽しい化」する秘策、教えます。

藤原:おっしゃるとおりかもしれません。そこで、僕がいまちょっと考えていることがあります。

「スマホ授業」のススメ3提案

【提案1】スマホで「授業の評価」をしてもらう

藤原:それは、「スマホを使って生徒に授業評価をさせる」ことです。たとえば、ですが、「よくわかった」「わかった」「イマイチだった」「わからなかった」の4段階評価とか。

西野:あはははは、「食べログ」の学校版みたいですね。

藤原:でも、こういう生徒からのフィードバックをすることで、生徒も授業に参加する気運が高まるし、先生たちも覚悟ができるでしょう。

【提案2】スマホから「生徒の意見」を聞く
西野 亮廣(にしの あきひろ)/絵本作家。1980年、兵庫県生まれ。1999年、梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、3冊の絵本執筆、ソロ・トーク・ライブや舞台の脚本執筆を手掛け、海外でも個展やライブ活動を行う。最新刊『えんとつ町のプペル』は27万部を超えるベストセラーになっている(撮影:今井 康一)

藤原スマホなら無記名で発信できるので、内気な生徒も自分の意見をいえます。授業中に「意見のある人?」と聞いても、意見が出るのは成績のいい子か目立ちたがり屋だけですし。

西野:なるほど。そこでスマホが生きてくる。

藤原:それから男女差もあって、男子は結論をしっかり出さないと意見を述べることが苦手なんですが、スマホなら男子生徒も意見が出しやすくなると思うんです。女子は結論が出ていなくてもしゃべり始めることができるので。

西野スマホを使うことによって自己開示が働くんですね。

【提案3】「写メ活用」で授業に集中する時間を増やす
『えんとつ町のプペル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

西野:スマホが使えるようになれば、黒板の内容を「写メ」に撮って、授業に集中することもできますね。ノートに書き写したい人は書き写せばいいし、もし入院して学校に来られない生徒がいたら、授業を写真や動画で撮って届けてあげることもできますよね。

藤原:そうですね。これから「スマホ授業」がどんどん広げられれば、西野さんに投げかけられた「学校を楽しい化する」ということの、ひとつの仮説にはなるだろうな、と思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT