ダメな上司は部下の目標設定がわかってない

防衛大で学んだ不可能を可能にさせる方法

私もある程度、成果が出てきたと思っていたのですが、M君だけ1度たりとも毎月の「目標予算」を達成することができません。リーダーになったときに「誰一人として絶対に見捨てない」と自分で覚悟を決めていました。現状把握と営業タスクの棚卸しのため1度、M君と面談をしました。

「最近どう?」

「いろいろ達成するための情報を集めているのですが、なかなか達成できないんですよ」

「なるほど。M君の年間の目標予算から逆算したとき、あといくら足りないのかな?」

「年間ですか? えっと年間の予算は……いくらかな……すみません……」

この会話の後、私は猛烈に反省しました。M君が年間の目標予算を把握していなかったのは、リーダーである私の発信力が弱かったからだと思ったためです。そして、情報集めという「インプット」に注力している現状も、私自身が部下たちの「アウトプット」の管理ができていないからだと思ったのです。

この会話の5分後に部下全員を集めました。そして、同じ質問をしたのですが、みな似たり寄ったりの答えです。そして、全員に共通していた点が、

「年間の目標予算を把握していない」「アウトプットよりインプットを優先させている」という2点でした。

まずは年間予算という「大枠」を部下全員に周知しました。年間目標予算は1年のゴールです。ゴールを知らずに走るマラソンほどきついものはありません。そして、ゴールから逆算して営業タスクを「小さく分解」し、「数値化」してアウトプットしやすくしました。

なんとなくの行動ではなく、すべて徹底的に数値化したのです。たとえば年間予算達成には取引先が300社必要、現状が150社だから、毎月30社ずつ増やす必要がある。そのためには、毎日開拓コールを200件……といった具合です。

そして、「1カ月でも予算を達成したら年間の予算は達成できる」と毎日発信し続け、営業活動を行いました。その後のM君は、1年目こそ年間予算に一歩手が届きませんでしたが、2年目からは毎年達成し、4年目には営業部長に就任しました。

理不尽の極みも継続できた理由

防大時代のありがたくない思い出ナンバー1。それは「食いしばき」です。身長から体重を引いた数字が100を切っていない学生は体に栄養がいきわたっていない、というなんだかわけのわからない理論の下、ひたすら食わされます。

私の入校当時の身長は171センチメートル、体重は55キログラム。171−55=116。したがって16キログラム太るための「食いしばき活動」が入校してすぐに始まりました。平日は食事をする暇もありませんので、この活動は土日を中心に行われます。

次ページ短期目標がないということは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT