シャープへの届かぬ“想い"、鴻海の本音

鴻海の研究開発子会社、シャープ出身社長が明かす裏側

――シャープとの協同路線から独立路線に舵を切ったという見方もあります。

矢野 確かに、シャープとの資本提携交渉がスムーズに進んでいたら、今回の日本法人設立の話はなかったかもしれません。仮に交渉がうまくいかなかったときに、補完する意味合いはあります。

ただし、ディスプレー事業の内製化は、従来からの鴻海の方針です。鴻海はもともと、部品を外部から調達して組み立て、製品に仕上げることで成長してきました。ただし、成長にしたがって、部品をどんどん内製化してきたのです。鴻海のコスト競争力の源泉は、そうした部品の内製化にあります。

今、内製化できていない唯一の大きな部品がディスプレーです。フォックスコンに本技研を設立することで、今後、傘下の台湾イノラックスの製品も含め、自社製品のラインナップを増やしていこうということです。

フォックスコン日本法人の後藤順副社長

――単独でディスプレー事業を手掛ければ、日本メーカーとは競合しませんか。

後藤 それはありません。というのも、日本企業は多くの分野で、すでに鴻海に製造委託しており、大きな枠組みでは鴻海のパートナーだからです。ディスプレーの日本メーカーには、ジャパンディスプレイ、パナソニック、シャープがいますが、そうした企業とはまず競合しません。たとえば携帯電話でいうと、われわれはODM(設計・製造の外部委託)を手掛けていますが、ほぼ中国やインドの企業向けです。それに比べ、日本企業は最先端のパネルに特化しています。市場が棲み分けられているのです。

「シャープとバッティング、まずありえない」

――ただし、鴻海がアップル向けのディスプレーも手掛ければ、シャープの仕事を奪うことになりませんか。

後藤 そもそもアップルは1社のみからの購買はしません。基本は3カ国の企業からの購買です。したがって鴻海がアップルからディスプレーの仕事を請け負うようになっても、製造は台湾で行うため、仕事が減るのは台湾企業です。シャープとバッティングすることは、まずありません。

次ページ資本提携交渉の行方は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT