「人生100年時代」への対応の遅れは大問題だ

長寿国の日本こそ「マルチステージ」化が必要

急ピッチで平均寿命を延ばしてきた日本人だが、「マルチステージ」へのシフトは限定的だ。

日本の「平均引退年齢」は男性が67歳前後でほぼ横ばい、女性も64歳前後でほぼ横ばいである。「望ましい引退年齢」(60歳以上に対する調査)も男性は67歳前後でほぼ横ばい。女性は85年の60歳から10年の64歳まで4歳延びたが、60歳の平均寿命は同期間に5.0歳延びており、「望ましい引退年齢」が十分引き上がっているとはいえない。

現状のままでは高齢者の消費はジリ貧

平均引退年齢の変化からは「マルチステージ」化が十分に進んでいないと考えられる。もっとも日本の場合は、引退年齢を引き上げるだけでなく、現状では低い女性の就業率(高齢者層は特に低い)を引き上げるという課題がある。今回は平均引退年齢に焦点を絞ったが、「マルチステージ」化が進めば、高齢者の就業率も上昇するだろう。

日本人が「3ステージ」の人生設計を行う状態から抜け出せていないとすれば、引退期に資金計画の破綻する可能性が高いという結論になる。その結果、高齢者の生活保護の受給者数は著しく増加し、財政への負担も懸念される。

次ページ「平均寿命」と数字のマジック
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT