「人生100年時代」への対応の遅れは大問題だ 長寿国の日本こそ「マルチステージ」化が必要

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

急ピッチで平均寿命を延ばしてきた日本人だが、「マルチステージ」へのシフトは限定的だ。

日本の「平均引退年齢」は男性が67歳前後でほぼ横ばい、女性も64歳前後でほぼ横ばいである。「望ましい引退年齢」(60歳以上に対する調査)も男性は67歳前後でほぼ横ばい。女性は85年の60歳から10年の64歳まで4歳延びたが、60歳の平均寿命は同期間に5.0歳延びており、「望ましい引退年齢」が十分引き上がっているとはいえない。

現状のままでは高齢者の消費はジリ貧

平均引退年齢の変化からは「マルチステージ」化が十分に進んでいないと考えられる。もっとも日本の場合は、引退年齢を引き上げるだけでなく、現状では低い女性の就業率(高齢者層は特に低い)を引き上げるという課題がある。今回は平均引退年齢に焦点を絞ったが、「マルチステージ」化が進めば、高齢者の就業率も上昇するだろう。

日本人が「3ステージ」の人生設計を行う状態から抜け出せていないとすれば、引退期に資金計画の破綻する可能性が高いという結論になる。その結果、高齢者の生活保護の受給者数は著しく増加し、財政への負担も懸念される。

次ページ「平均寿命」と数字のマジック
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT