両巨頭、偽ニュース対策で仏メディアと提携

フェイスブックとグーグルが報道機関8社と

 2月6日、今年のフランス大統領選を控え、インターネット上の「偽ニュース」対策を講じるため、米フェイスブックと米グーグルは、フランスの複数の報道機関と提携して取り組むと明らかにした。1日撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

[パリ 6日 ロイター] - 今年のフランス大統領選を控え、インターネット上の「偽ニュース」対策を講じるため、米フェイスブック<FB.O>と米グーグル<GOOGL.GO>は6日、フランスの複数の報道機関と提携して取り組むと明らかにした。

ソーシャルメディアや情報収集サイトは、米大統領選に関して偽ニュースを誤って広めたことが明らかになり、批判にさらされた。

フェイスブックは、偽ニュースがフェイスブック上に流れるリスクを最小化するため、AFP通信や仏紙ルモンドなどフランスの報道機関8社と提携すると発表した。

フェイスブックのフランスの利用者は2400万人と、同国の人口の3分の1を超える。利用者の報告を基に、同社が提携する報道機関が問題のニュースの真偽をチェックするという。

グーグルも「クロスチェック」と呼ばれる同様の対策に乗り出しており、フェイスブックが支援しているほか、フランスの報道機関17社も参加している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT