両巨頭、偽ニュース対策で仏メディアと提携

フェイスブックとグーグルが報道機関8社と

 2月6日、今年のフランス大統領選を控え、インターネット上の「偽ニュース」対策を講じるため、米フェイスブックと米グーグルは、フランスの複数の報道機関と提携して取り組むと明らかにした。1日撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

[パリ 6日 ロイター] - 今年のフランス大統領選を控え、インターネット上の「偽ニュース」対策を講じるため、米フェイスブック<FB.O>と米グーグル<GOOGL.GO>は6日、フランスの複数の報道機関と提携して取り組むと明らかにした。

ソーシャルメディアや情報収集サイトは、米大統領選に関して偽ニュースを誤って広めたことが明らかになり、批判にさらされた。

フェイスブックは、偽ニュースがフェイスブック上に流れるリスクを最小化するため、AFP通信や仏紙ルモンドなどフランスの報道機関8社と提携すると発表した。

フェイスブックのフランスの利用者は2400万人と、同国の人口の3分の1を超える。利用者の報告を基に、同社が提携する報道機関が問題のニュースの真偽をチェックするという。

グーグルも「クロスチェック」と呼ばれる同様の対策に乗り出しており、フェイスブックが支援しているほか、フランスの報道機関17社も参加している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。