織田信長は「部下に嫌われる鬼上司」の典型だ

「ムチャぶり」も酷いし、怒ると怖すぎ…

Q8. そんな信長についていけない部下もいたのでは?

もちろん、いました。その場合は「恐ろしい報復」を受けます。

1578年10月、信長の家臣だった荒木村重(むらしげ)は突如、敵対する石山本願寺の顕如(けんにょ)に内通し、謀反を起こします。

彼のこもる伊丹城は信長によって包囲されますが、翌年9月、村重は単独で脱出に成功。しかし、城に残された村重の家族36人や、上級家臣の妻子122人が信長に捕われてしまいました。

信長はその全員を処刑すると、さらには下級家臣と妻子合わせて五百数十人を古民家4軒に押し込めて放火し、全員を「焼き殺し」ました。

信長が「鬼上司」だった理由は?

信長の方針は「積極的な版図拡大」だったため、部下は戦場で活躍すれば広大な領土が恩賞として与えられ、「大名並み」という夢のような出世も可能でした。「本人の出自」ではなく「実力と結果のみ」が評価されたため、秀吉のような埋もれた才能が続々と開花したのです。

また信長は「優秀な人材の獲得」にも積極的でした。明智光秀のような他家の家臣だった者でも、優秀と見ると新たなメンバーとして絶えず登用したため、部下同士のあいだでは、いつも「激しい出世争い」が繰り広げられていました。

先述の佐久間信盛のような「結果を出さなければ追放」という容赦ないペナルティも与えられるため、家中にはつねに重圧と緊張が張りつめていたようです。

こうした「過大な褒賞」と「恐怖による統制」こそが織田家の強さの秘密であり、このやり方で信長は天下統一に迫る勢いを最後まで維持しました。

こう考えると、信長が「鬼上司」だった理由は、生まれもった性分に加えて、織田家が強い組織であり続けるために、既定の経営方針にのっとって「あるべきトップの役割を演じた」だけのようにも思われます。

ただし、このような強力なトップありきの組織は、その人がいなくなると統制がとれず分裂します。「本能寺の変」の後、後継者をめぐる激しい抗争が織田家中で繰り広げられたのはこのためです。

織田信長の例からもわかるように、日本史にはビジネスパーソンが「上司として」「部下として」どう振る舞えばいいかなど、処世術のヒントが満載です。織田信長をとっても、「学ぶべき点」もあれば「反省すべき点」もあります。それは豊臣秀吉の人心掌握術や、徳川家康の性格についても同じことです。

ぜひ、日本史を学ぶことで、ビジネスパーソンに必要な「教養」と「処世術のヒント」の両方を、いっきに身につけてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
MARCH大解剖 早慶を猛追!<br>進化する5大学の最前線

明治、青学、立教、中央、法政の5大学は「MARCH」と称され、志願者数も偏差値も右肩上がり。その中で実力で勝るのはどこでしょうか。大学ランキング、最前線の取り組み、親世代とは一変した新・学部序列、付属校など多角的に分析します。