欧州GPSウォッチの雄は日本市場で勝てるか

オランダ「トムトム」の創業者が戦略を明かす

――地図情報で世界トップを争う大手であることは、GPSウォッチのビジネスにも役立ちますか。

現在のランニングやトレイル用の時計には、自分のコースをたどれる程度の情報を入れられますが、まだ「地図」と呼べるほどの情報量を入れられるようにはなっていません。最終的には完全な地図を時計にダウンロードできるようにしたい。

スポーツ用だが、デザインはファッショナブルさを失わないようにしているという(撮影:風間 仁一郎)

たとえば、東京に旅行でやってきて、「走りたい」と思ったときにトムトムのサイトにアクセスして、時計に地図をダウンロードできるようにするといった技術を実現しようと思っています。そういう構想においても、われわれの培ってきた地図情報の技術やデータは大きな財産になるのです。

ランナーのイベントに参加し、知名度を高めたい

――欧州では知名度が高くても、日本ではトムトムという名前は一般的にあまり知られていません。日本でもっと知られるためのプロモーションが必要だと思いますが、どのような手段を考えていますか。

欧州では最近、テレビCMを放映しました。日本でもテレビCMを行うかは検討中です。少なくとも今、行うつもりでいるのは、ランナーのイベントに参加して、われわれのブランドや製品に親しんでもらう形の販促活動です。

――トムトムの個人向けビジネスでは、アクションカメラも展開しています。以前は、GPSウォッチと同様に日本でも販売する考えを表明していました。こちらはどうなったのでしょうか。

アクションカメラに関しては、日本市場は競合が多く、環境が厳しいと判断したので参入を取りやめました。GPSウォッチに力を注ぐ方針です。

――トムトムという社名はユニークな響きだと感じます。由来は?

1991年に携帯型ナビゲーション装置のソフトを開発する会社として、スタートしました。もともとは「パームトップ・ソフトウェア」という社名でしたが、国際的な企業にはそぐわないと思ったので、2001年に今の社名に改めました。技術的な堅い響きの社名ではなく、覚えやすくて、世界のどの国でも通用する名前にしたのです。アフリカの「トムトム」と呼ばれる太鼓の音には、道を教えて人を導く、という役割があるそうです。われわれはナビゲーションを手掛ける会社ですし、親しみやすさもある響きなので、今の社名にしました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT