欧州GPSウォッチの雄は日本市場で勝てるか

オランダ「トムトム」の創業者が戦略を明かす

トムトムはスポーツ向けGPSウォッチでは、フランスでシェア1位ですが、欧州の他の国でもトップを狙っています。欧州以外では、シェア2位を確保したいと思っています。

もともとナビゲーションの端末やシステムを手掛けてきた会社ですが、欧州ではカーナビを通じて高い知名度があることがGPSウォッチの展開にも役立っています。携帯型ナビゲーション装置(PND)に関しては、欧州で6割のシェアを握っています。地図情報の分野でもグーグルと(独BMW、ダイムラー、アウディの3社が共同買収した)独ヒアと並んで「3強」と言われていて、米アップルの使う地図情報もトムトムが提供しています。

ただ、携帯型ナビゲーション装置に関しては、スマホの普及が影響して売れ行きが鈍っていることは事実。その分、個人向けビジネスの新領域を開拓する必要があるので、スポーツ向けGPSウォッチに力を入れています。

日本のスポーツメーカーと組む可能性は十分にある

――トムトムは以前、米ナイキと提携していました。日本のスポーツメーカーと手を組むことは検討していますか。

Corinne Vigreux/携帯型コンピュータの英サイオン社でキャリアをスタート。1991年にCEOのハロルド・ゴディンらとトムトム社の前身となる企業を創業。現在は常務取締役として、トムトム社のBtoC領域のビジネスを牽引する(撮影:風間 仁一郎)

今、いろいろと可能性を探っているところで、さまざまなプレイヤー(事業者)と話をしています。ですが、それが実るのはいつか、となると来年まで待たないとならないのかもしれません。

日本にはウェアラブル関連の企業はあまり多くなくて、反対にスポーツ用品・アパレルを作るメーカーは多いので、お互いのメリットを考えてパートナーシップを結ぶ可能性は十分にあります。

――アップルウォッチも2016年秋に発売した第2世代機から、GPSと防水機能を採用しました。ファッション性を重視するトムトムにとっても、より手ごわい競合になるのでは。

トムトムの時計は、根本からスポーツ目的で設計しています。だから、1度の充電で1週間程度はバッテリーが持ちます。「スポーツのために作られた」製品は、「スポーツにも使える」製品とは違うのです。

――トムトムの2016年第1四半期(1~3月)の決算説明で、ハロルド・ゴディンCEOはGPSウォッチについて「昨年の2倍近いペースで売れている」と述べました。2015年の出荷台数は60万台超でしたが、2016年の実績は?

2016年の通期決算の発表直前なので、この場で数字について触れることはできませんが、トムトムのGPSウォッチは昨年、非常に大きな成長を遂げました。計画を上回って着地した、ということは確実に言えます。

次ページ地図情報の資産をGPSウォッチにどう生かすか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT