新幹線が「空を飛ばなくなった」新工場の秘密

検査日数の1日短縮をどう実現したか

ジャッキで車体を持ち上げる方式に変わったJR浜松工場の新しい検修ライン(撮影:小佐野景寿)

毎年夏に行われる一般公開のイベントで、クレーンによって新幹線の車体を吊り上げる「空飛ぶ新幹線」が家族連れなどの人気を集めていたJR東海の浜松工場(静岡県浜松市)。2016年9月に、クレーンによる吊り上げの「見納め」イベントが開かれたことを覚えている人もいるだろう。

クレーンでの車体吊り上げが姿を消したのは、建物の耐震化や検査の効率化などを目的とした工場施設リニューアルのためだ。その工事がおおむね完成し、今年1月5日から新しい検修ラインでの車両の検査が開始された。

新しい検修ラインはどう変わった?

工場のイベントで人気の高かった「空飛ぶ新幹線」。新ラインではクレーンの使用はなくなった(撮影:梅谷秀司)

同工場で行っているのは「全般検査」と呼ばれる、走行距離120万キロメートル、または36カ月以内に行う大がかりな検査。車体から台車や機器類を取り外して行う、新幹線のオーバーホールだ。

これまでは1編成16両の検査を行うのに15日かかっていたが、新しい検修ラインでは1日短い14日に短縮された。13日に行われた報道公開で、JR東海新幹線鉄道事業本部の田中雅彦・浜松工場長は「建て替えにともなって新しい効率的なラインができた。最新設備を導入し、作業環境も良くなり、検査の精度も向上した」と述べた。

では、新幹線が「空を飛ばなくなった」新しい検修ラインは従来と比べてどのように変わり、どのようにして検査期間の短縮を実現したのだろうか。

次ページ蒸気機関車時代から鉄道を支えてきた工場
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT