東海道新幹線には「ディスコカー」があった

最短トンネルから最高時速まで8つの秘密

東海道新幹線にはトリビアが満載だ (写真:PIXTA/minoru)

1964年のデビューから52周年を迎え、これまでに59億人を運んだ東海道新幹線はトリビアの宝庫だ。試験走行の最高時速はどのくらいだったのか、車内アナウンスは誰が行なっているのかなど、知れば知るほど面白い話が新幹線には山のようにある。今回は「読んで、乗って、楽しい!東海道新幹線クイズ100」(ウェッジ刊)の中から、8つのトリビアを紹介する。

1:N700系のスピード記録は時速332キロメートル

東海道新幹線史上「最速」を目指して2007年に登場したN700系。2009年11月には愛知県名古屋市で世界の政府関係者などを招いて「高速鉄道シンポジウム」を開催。そのときにN700系Z0編成(現在のX0編成)を使って、米原―京都間で試験走行を実施した。このZ0編成には米国、イギリス、マレーシア、エジプトなどシンポジウムに参加した約160人の乗客がいた。11月16日、営業運転が終了した午後11時40分に米原駅を出発、時速332キロメートルのスピード記録を出した。

東海道新幹線区間の地形などから最高速度は時速270キロメートルが限界と考えられてきたが、2013年にデビューしたN700Aは最高速度を5%以上高め、時速285キロメートルとした。

2:東海道新幹線には「ディスコカー」があった

1988年から約2年半、13号車をラウンジに、14号車をイベントカーに改造した編成があった。その年の4月に運転された「シンデレラ・エクスプレス号」のイベントでは、ディスコやタレントの早見優さんのコンサートが開催された。東海道新幹線ではないが、山陽新幹線には「シネマカー」という車両があった。これは1988年8月から1994年3月まで、12両編成の「ウエストひかり」の7号車に設けられたもので、ビデオ上映を行なっていた。

次ページ新幹線の線路を最初に走ったのは何?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT