トヨタものめり込む「オートサロン」の集客力

「改造車の祭典」はブランド訴求の絶好機会だ

今まで日本の自動車メーカーはこういったサードパーティとのコラボレーション(ダブルネームによる)にはあまり積極的ではなく、特にトヨタは皆無といってもよかったかもしれない。しかし、この「86」に関しては例外のようで、各種のコラボレーションを積極的に行っている。この「M78×86」の属する86 my garage内にはヨットのセイルクロスや自動車のシートベルト素材を使ったコラボバックなどが置かれていた。これらもクルマをライフスタイルとともに提案していくひとつのブランディング手法であろう。

海外からの参加者も増加

中国サプライヤーの合同ブース

海外からの参加者が毎年、増加していることも特筆すべき事項であろう。東京オートサロンのアフターマーケットパーツの見本市、商談の場としての役割も存在意義を高めており、中国サプライヤーの合同ブースも見られたし、いろいろな言語が渦巻いていた。

スーパーカーから国産チューニングカー、カスタムカーやキャンピングカー、そして旧車といった普通ならまったく接点のないカテゴリーのクルマたちが一堂に会すイベントは、世界的にいっても極めてまれな存在である。海外ではそれぞれが明確にカテゴリー分けされており、重なることはめったにない。

東京オートサロン2017の様子

それに加えて音楽やアニメなどのキャラクターやコスプレまである。これはもっと海外からのファンを呼び込める可能性を秘めている。オフィシャルな東京モーターショーと違ってこのイベントでは物販も可能だから、パーツ類だけでなくクルマ自体をそこで海外向けに大いに販売してもよい。

筆者の知人である若き親日イタリア人は年末のコミケから続けて日本へ滞在し、この東京オートサロンを楽しんだ。アニメ命の彼にとって、このオートサロンの雰囲気は世界に類を見ないエキゾチックな桃源郷であるそうで、大いなる満足感とともに帰国していったようだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング