トヨタものめり込む「オートサロン」の集客力

「改造車の祭典」はブランド訴求の絶好機会だ

今まで日本の自動車メーカーはこういったサードパーティとのコラボレーション(ダブルネームによる)にはあまり積極的ではなく、特にトヨタは皆無といってもよかったかもしれない。しかし、この「86」に関しては例外のようで、各種のコラボレーションを積極的に行っている。この「M78×86」の属する86 my garage内にはヨットのセイルクロスや自動車のシートベルト素材を使ったコラボバックなどが置かれていた。これらもクルマをライフスタイルとともに提案していくひとつのブランディング手法であろう。

海外からの参加者も増加

中国サプライヤーの合同ブース

海外からの参加者が毎年、増加していることも特筆すべき事項であろう。東京オートサロンのアフターマーケットパーツの見本市、商談の場としての役割も存在意義を高めており、中国サプライヤーの合同ブースも見られたし、いろいろな言語が渦巻いていた。

スーパーカーから国産チューニングカー、カスタムカーやキャンピングカー、そして旧車といった普通ならまったく接点のないカテゴリーのクルマたちが一堂に会すイベントは、世界的にいっても極めてまれな存在である。海外ではそれぞれが明確にカテゴリー分けされており、重なることはめったにない。

東京オートサロン2017の様子

それに加えて音楽やアニメなどのキャラクターやコスプレまである。これはもっと海外からのファンを呼び込める可能性を秘めている。オフィシャルな東京モーターショーと違ってこのイベントでは物販も可能だから、パーツ類だけでなくクルマ自体をそこで海外向けに大いに販売してもよい。

筆者の知人である若き親日イタリア人は年末のコミケから続けて日本へ滞在し、この東京オートサロンを楽しんだ。アニメ命の彼にとって、このオートサロンの雰囲気は世界に類を見ないエキゾチックな桃源郷であるそうで、大いなる満足感とともに帰国していったようだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT