新興国に”教育革命”を起こす、24歳の日本人 新世代リーダー 税所篤快

印刷
A
A

ポジティブなレスポンスをくれる人を探そう

――「やりたいことが見つからない」という悩みに対して、どう思いますか?

相談する周りの大人のレスポンスが大事です。だいたい、「それは難しい」とか「ビジネスとして食っていけるの?」とか言われるじゃないですか。せっかく企画書を作り、理想に燃えていても、そういうレスポンスをされると萎えるんです。しかも、1~2回ではなく、10回、20回と続くと、「もういいよ」という気持ちになってしまいます。そういう人たちばかりに囲まれ続けるのか、1人でも「やってみたら」とポジティブなリアクションをくれる人に会えるかどうかだと思いますね。

僕の場合、バングラデシュで事業をやる前に、自分が生まれ育った東京の足立区で教育事業をやろうとしました。ところが、30人ほどに相談したら、ほとんどがネガティブレスポンスでした。バングラデシュでネガティブなリアクションをした人はゼロです。なぜ僕が日本ではなく、バングラデシュでチャレンジを始めたのかというと、そのあたりのメンタルが大きかったと思います。バングラデシュ人はけっこう適当なので、気軽に「やってみたら」と言うんですよ(笑)。

その象徴がグラミン銀行を創設したムハマド・ユヌスさんで、初めて彼に教育事業のことをプレゼンテーションしたとき、彼は開口いちばん「Do It, Do It, Go Ahead」(やれやれ、やってみなさい)と言ったんですよ。僕はすごく感動しました。ノーベル平和賞を取った人が、僕にやれと言っているんですから。その言葉を真に受けて僕は行動し始めてしまったんですね。

僕たちのチームは本当に若くて未熟なので、経験のある方たちからたくさん吸収したいし、いろいろ教えを請いたいと思っています。そこで、一歩踏み出せないという方は、ぜひとも「若手とのタッグ」をおススメしたいと思います。チャレンジ精神だけはある若者とタッグを組むことによって、僕たちは学ばせてもらえることができますし、お互いにいい効果を波及させることができるのではないかと思います。

(聞き手/加藤郁生<BBT大学>、構成/大山くまお)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT