レクサス、5代目の「LS」を北米ショーで初公開

<動画>デトロイトモーターショーの見どころ

自動車メーカー各社の2017年は、デトロイトでの北米国際自動車ショーで幕を開けた。

今年は高級セダンと小型スポーツユーティリティー車が注目を集め、さらに電気自動車、ディーゼルエンジンのピックアップトラックなどが続く。

ゼネラルモーターのシボレー・ボルト-EVはすでに北米カー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを獲得した。同社は新型のシボレー・トラバースも発表した。

フォードはトラックのようなSUV「ブロンコ」の復活とミッドサイズ・ピックアップ・トラックの「レンジャー」を発表した。同社で最も販売が好調なF-150はモデルチェンジを受け、初めてディーゼルエンジンのオプションを設定した。

メルセデスはまったく新しい構造と電子技術を盛り込んだE-クラスクーペのモデルチェンジを大きく伝えた。

そしてトヨタ自動車は、まったく新しいミッドサイズセダンのカムリを発表した。同社では高級車のレクサスLSセダンも発表した。

A TRUECAR COMPANYのパトリック・ミン氏(シニア・インダストリー・インサイツ・アナリスト)は次のように語る。

「今年のデトロイトのショーは、大変活気が満ちています。自動車メーカーが多くの喜びとともにニューモデルを見せようとしました。いくつかの主要モデルではデザインの刷新もありました」

ビデオで紹介したのはごく一部に過ぎない。フォルクスワーゲン、アウディ、日産自動車、そして多くの自動車メーカーがショーの期間中にプレゼンテーションを行う予定だ。ショーは1月22日まで行われる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT