レクサス、5代目の「LS」を北米ショーで初公開

<動画>デトロイトモーターショーの見どころ

自動車メーカー各社の2017年は、デトロイトでの北米国際自動車ショーで幕を開けた。

今年は高級セダンと小型スポーツユーティリティー車が注目を集め、さらに電気自動車、ディーゼルエンジンのピックアップトラックなどが続く。

ゼネラルモーターのシボレー・ボルト-EVはすでに北米カー・オブ・ザ・イヤーのタイトルを獲得した。同社は新型のシボレー・トラバースも発表した。

フォードはトラックのようなSUV「ブロンコ」の復活とミッドサイズ・ピックアップ・トラックの「レンジャー」を発表した。同社で最も販売が好調なF-150はモデルチェンジを受け、初めてディーゼルエンジンのオプションを設定した。

メルセデスはまったく新しい構造と電子技術を盛り込んだE-クラスクーペのモデルチェンジを大きく伝えた。

そしてトヨタ自動車は、まったく新しいミッドサイズセダンのカムリを発表した。同社では高級車のレクサスLSセダンも発表した。

A TRUECAR COMPANYのパトリック・ミン氏(シニア・インダストリー・インサイツ・アナリスト)は次のように語る。

「今年のデトロイトのショーは、大変活気が満ちています。自動車メーカーが多くの喜びとともにニューモデルを見せようとしました。いくつかの主要モデルではデザインの刷新もありました」

ビデオで紹介したのはごく一部に過ぎない。フォルクスワーゲン、アウディ、日産自動車、そして多くの自動車メーカーがショーの期間中にプレゼンテーションを行う予定だ。ショーは1月22日まで行われる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT