グーグル、仮想現実・拡張現実事業を加速へ

パートナー企業が対応ハードウェアを発表

 1月5日、米ラスベガスで開幕した世界最大の家電見本市「CES」では、米アルファベット傘下グーグルのハードウエアパートナーが同社の仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術に対応した新端末を発表した。写真はグーグルのロゴ。テルアビブで2011年1月撮影(2017年 ロイター/Baz Ratner)

[5日 ロイター] - 5日に米ラスベガスで開幕した世界最大の家電見本市「CES」では、米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルのハードウエアパートナーが同社の仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術に対応した新端末を発表した。グーグルはVR・AR分野での展開加速を狙う。

中国の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は、自社の携帯端末の2機種について、グーグルが昨年発表したVRヘッドセット「デイドリーム・ビュー」に近く対応すると発表した。

グーグルは、現実世界にCGコンテンツを重ね合わせるARについても「タンゴ」と呼ばれるソフトウエアを開発しており、台湾の華碩電脳(ASUS、エイスース)<2357.TW>は自社の端末「ZenFone AR」をデイドリームとタンゴ双方に対応させると発表した。

こうした動きによってVR・AR対応機種が増えることになるが、アナリストは、最大のアンドロイド端末メーカーであるサムスン電子<005930.KS>が開発に乗り出していないことから、普及にはなお時間がかかるとみている。

世界のスマートフォン(スマホ)市場が減速の兆しを見せる中、一部の端末メーカーはARやVRが消費者の関心を再び高める鍵になると期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT