グーグル、仮想現実・拡張現実事業を加速へ

パートナー企業が対応ハードウェアを発表

 1月5日、米ラスベガスで開幕した世界最大の家電見本市「CES」では、米アルファベット傘下グーグルのハードウエアパートナーが同社の仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術に対応した新端末を発表した。写真はグーグルのロゴ。テルアビブで2011年1月撮影(2017年 ロイター/Baz Ratner)

[5日 ロイター] - 5日に米ラスベガスで開幕した世界最大の家電見本市「CES」では、米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルのハードウエアパートナーが同社の仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術に対応した新端末を発表した。グーグルはVR・AR分野での展開加速を狙う。

中国の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は、自社の携帯端末の2機種について、グーグルが昨年発表したVRヘッドセット「デイドリーム・ビュー」に近く対応すると発表した。

グーグルは、現実世界にCGコンテンツを重ね合わせるARについても「タンゴ」と呼ばれるソフトウエアを開発しており、台湾の華碩電脳(ASUS、エイスース)<2357.TW>は自社の端末「ZenFone AR」をデイドリームとタンゴ双方に対応させると発表した。

こうした動きによってVR・AR対応機種が増えることになるが、アナリストは、最大のアンドロイド端末メーカーであるサムスン電子<005930.KS>が開発に乗り出していないことから、普及にはなお時間がかかるとみている。

世界のスマートフォン(スマホ)市場が減速の兆しを見せる中、一部の端末メーカーはARやVRが消費者の関心を再び高める鍵になると期待している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT