MBAを取って一発逆転、最短ルートは?

MBA連載、佐藤智恵氏が指南

MBA取得の優先順位は?

社会人になって数年、30歳が見える頃になると、「自分のキャリアはこのままでいいのだろうか」と悩む人は多いのではないでしょうか。

私自身、高校時代から「留学したい」と夢見ながらも、数々の奨学金試験に落選。大学卒業後、NHKに入局してからも、海外派遣者選考に応募し続けましたが、やはり受かりません。

失意の中、本気で留学するために勉強を始めたのは、27歳のときです。卒業後どうするかということは、あまり考えず、ただガムシャラにトップビジネススクールに合格することを目指し、勉強をしていました。

今回、ご相談を受けたショウタさんも、まさにそんなお年頃。私とは違って、しっかりとしたキャリアプランをお持ちです。MBAを取って、同じ金融の分野でマネジメントとして活躍するか、戦略系コンサルティング会社に転職したい、とのことです。その目標を確実に達成するために、「MBA留学の前に、転職をすべきか」、悩んでいるということでした。

さて、こうした込み入った悩みを解決するのにまず必要なのは、論点の整理です。そこで私は、ショウタさん(仮名)にひとつだけメールで質問させていただきました。それは、「MBA取得を第1目標とするのか、それとも、希望の職に転職できれば、MBAは取得しなくてもいいのか?」

とてもわかりやすい例で言いかえれば、「CFO職やマッキンゼーに転職できたら、MBAは取得しなくてもいいのか?」

これに対し、ショウタさんは、「MBA取得が第1優先である」と断言されました。トップビジネススクールに留学して、現在よりもう一段、キャリアアップして、希望の職に就くのが理想だとのこと。

つまり、第1希望が、MBA付きのCFO。論点は、「第1希望にたどりつくために、今、A社に転職すべきかどうか」となります。

ここで、経営コンサルタントの手法の出番です。ショウタさんの将来を、「今、転職するか」という決断を軸にシナリオ分析をしてみましょう。

次ページ可能性は8つもある!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT