Twitterがメディア企業の関心を失ったワケ

「競争で負け組になっている」

ツイッターの苦悩は、いまにはじまったことではない(写真:dragonstock / PIXTA)

ソーシャルパブリッシングは、ゼロサムゲームになっている。メディア企業が読者の関心を引き寄せるためにフェイスブック、インスタグラム、スナップチャットへと向かうにつれて、ある場所が注目を失いつつある。それはツイッターだ。

ニュースメディアのMic(マイク)は、インスタグラムのユーザーを獲得するために10名から成るチームを編成したが、チームのメンバーが以前に担当していた仕事は、グラフィックス、編集、そしてツイッターだった。また、米新聞社のボストングローブは、これまで選挙のたびにライブツイートを熱心に打っていたが、今回の大統領選挙ではフェイスブックユーザーにエンゲージすることに注力したという。その理由は、「あらゆることがフェイスブックで起きている」からだと、同社でオーディエンスエンゲージメント担当ディレクターを務めるマット・カロリアン氏は語った。

ツイッターの苦悩は、いまにはじまったことではない。だが、かつてのツイッターはメディア企業にたくさんの支持者を抱えており、大勢のジャーナリストがツイッターに熱中していた。彼らは、ニュースの小ネタをツイートしたり、情報を収集したり、あるいは単に仕事を先延ばししたりするために、膨大な時間をツイッターに費やしていた。

ツイッターを取り巻く苦境

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

いまのツイッターは「注目を集めるという競争で負け組になっている」と語るのは、レベルマウスの創立者兼CEOであるポール・ベリー氏だ。同社は、パブリッシャーがソーシャル上でコンテンツを広める取り組みを支援している。

「5年前や10年前には、ツイッターのフォロワーとトラフィックを増やすことに多くの関心が集まっていた。だが、新興のメディア企業にとっては、ツイッターは二の次の存在であり、片手間で取り組むものになっている。以前なら、1人のスタッフをフェイスブックに、もう1人のスタッフをツイッターに割り当てていたものだが、いまはフェイスブック担当が3人、ツイッター担当が0.5人という状況だ。当社のプラットフォームを利用しているメディア企業のなかには、ツイッターでのトラフィックの拡大に成功している企業もいなければ、そのことを目標にしている企業もいない」。

次ページいまや、片手間で取り組むものに…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT