Twitterがメディア企業の関心を失ったワケ

「競争で負け組になっている」

ツイッターの苦悩は、いまにはじまったことではない(写真:dragonstock / PIXTA)

ソーシャルパブリッシングは、ゼロサムゲームになっている。メディア企業が読者の関心を引き寄せるためにフェイスブック、インスタグラム、スナップチャットへと向かうにつれて、ある場所が注目を失いつつある。それはツイッターだ。

ニュースメディアのMic(マイク)は、インスタグラムのユーザーを獲得するために10名から成るチームを編成したが、チームのメンバーが以前に担当していた仕事は、グラフィックス、編集、そしてツイッターだった。また、米新聞社のボストングローブは、これまで選挙のたびにライブツイートを熱心に打っていたが、今回の大統領選挙ではフェイスブックユーザーにエンゲージすることに注力したという。その理由は、「あらゆることがフェイスブックで起きている」からだと、同社でオーディエンスエンゲージメント担当ディレクターを務めるマット・カロリアン氏は語った。

ツイッターの苦悩は、いまにはじまったことではない。だが、かつてのツイッターはメディア企業にたくさんの支持者を抱えており、大勢のジャーナリストがツイッターに熱中していた。彼らは、ニュースの小ネタをツイートしたり、情報を収集したり、あるいは単に仕事を先延ばししたりするために、膨大な時間をツイッターに費やしていた。

ツイッターを取り巻く苦境

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

いまのツイッターは「注目を集めるという競争で負け組になっている」と語るのは、レベルマウスの創立者兼CEOであるポール・ベリー氏だ。同社は、パブリッシャーがソーシャル上でコンテンツを広める取り組みを支援している。

「5年前や10年前には、ツイッターのフォロワーとトラフィックを増やすことに多くの関心が集まっていた。だが、新興のメディア企業にとっては、ツイッターは二の次の存在であり、片手間で取り組むものになっている。以前なら、1人のスタッフをフェイスブックに、もう1人のスタッフをツイッターに割り当てていたものだが、いまはフェイスブック担当が3人、ツイッター担当が0.5人という状況だ。当社のプラットフォームを利用しているメディア企業のなかには、ツイッターでのトラフィックの拡大に成功している企業もいなければ、そのことを目標にしている企業もいない」。

次ページいまや、片手間で取り組むものに…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT