「自分より優秀な人間」だけ採用するべき理由

「器の大きい面接官」の選抜に全力をかけよう

「自分より優秀……ですか?」

「そうだ」

役員は苦笑して、「まあ、お世辞ではないですが、社長、あとは◯◯さんです。」と答えた。

「◯◯さんか、なるほど。まあ、役員のなかでは確かに頭抜けて優秀かもしれないな。ちなみに理由を教えてくれないか? ……うん、ありがとう」

そして、面談は終了した。

面接官に変なプライドは邪魔だ

その後、2人ほどの役員とリーダーに同じような質問をし、3人目の面接となった。彼はリーダーであったが、次期役員候補と目される人物であった。

最初の役員と同じような質問が社長から投げかけられたあと、最後のお決まりの質問となった。

「では、最後の質問をいいかな? 誰を面接官にすべきかの参考にしたいので、身のまわりで、自分より優秀だと思う人を挙げてみてくれ」

そのリーダーは、ちょっと考えていたが、やがて口を開いた。

「まず◯◯さん、洞察力と、営業力がすばらしいです。続いて、◯◯さん、営業力はあまりないですが、人望があり、人をやる気にさせる力がずば抜けています。リーダーの◯◯さん、現場をまかせたら社長よりもうまいでしょう……すみません。そして、うちの部の◯◯さん、新人なんですが、ハッキリ言って私よりも設計する力は上です」

社長はニコッと笑って、「ずいぶんと多いな」という。

「当たり前です。皆、私よりもいいところがあり、そして、私に劣るところがある」

「わかった。ありがとう」

 役員が退出し、私と2人きりになり、社長は誇らしげに言った。

「というわけで、面接官はアイツに決定だな」

「そういうことですか」

次ページ彼にまかせれば大丈夫
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。