「自分より優秀な人間」だけ採用するべき理由

「器の大きい面接官」の選抜に全力をかけよう

私が少し前にお手伝いした会社も、面接官の人選に苦労した会社のうちの1社だった。その会社は伝統的にチームリーダーと、役員が面接官をしていたが、私が見るかぎり、有能な人物はその内のよくいって半分程度、残りは年功序列で、能力にかかわらずその地位に就いた人物であった。

そこで私はおせっかいとは思いながらも、社長に、「いまの面接官だと、なかなか良い人が採れないかもしれません」と進言すると、社長はうなずき、「それは知っている。今年は彼らの適性を確かめてから、面接官に登用する」と言った。

面接官の適性を確かめる面談

私は思わず、「適性ですか? どのように確かめるのですか?」と社長に聞くと、社長は、「では一緒にお願いします。ちょうどこれから適性を確かめる面談だから」と、私をその場に残した。

そして10分後、1人の役員が入室した。

社長は彼に話しかける。

「今日は、採用の面接官をやってもらうかどうか、少し考え方を聞きたくて来てもらった。いまからする質問に答えてほしい」

その役員は、「はい。なんなりと聞いてください」と言った。

私は、「どんな質問をするのだろう?」と、期待していたのだが、意に反して、社長は役員に当たりさわりのない質問を投げかける。

「どんな人を採りたいか?」

「応募者の何を見るか?」

「どんな質問をするか?」

そういった、ごく当たり前の話だ。

応募者もそういった質問は想定済みらしく、当たりさわりのない回答、模範的な回答をする。

私は「どうしてこれで適性がわかるのだろう……」と、不思議だった。

そして、20分程度の時間が経ち、社長が言った。

「では、最後の質問だ。誰を面接官にすべきかの参考にしたいので、身のまわりで、自分より優秀だと思う人を挙げてみてくれ」

役員は不思議そうな顔をしている。

次ページ役員は苦笑いして答えた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。