キャリア女を怖がらない男性はどこにいるか

「魔女のサバト」川崎貴子さんに聞く<前編>

――離婚して1年半後に、現在のダンナさんと交際を始めたそうですね。彼は8歳年下のダンサーで、川崎さんは1歳児のお子さん連れで参加したイベントでの出会いだった、という話には驚きます。

起業家仲間のバンドが出場する音楽大会に、「応援に来てよ」と誘われました。出会いはまったく期待していなかったので、自宅で昼からワインを1本空けていたときのことです。会場でも仲間と乾杯してビール3杯。そしてヒレ酒。泥酔状態です(笑)。経営者仲間の奥さんなどその場の大人たちに、うちの子どもは遊んでもらっていました。

大会が終わった後もみんなで飲みに行きました。気がつくと若い男性が隣の席に座っています。彼はすごく揺れていた第一印象があるのですが、泥酔していた私が揺れていたのでしょう(笑)。起業家仲間の一人がスポンサーをしているダンスチームの一員で、当日はビデオ撮影係をしていたみたいです。

酔っぱらいながら「仕事は何をやっているの?」と聞いた記憶があります。彼の答えはコンテンポラリーダンサー。頼んだら、その場で踊って見せてくれました。コンテンポラリーダンサーという職業を私はいまだに説明できません。でも、泥酔した目をこじ開けて、「もっと教えて!」と反応したのを覚えています。

離婚をした後で、私は恋愛相手というより、パートナーを求めていました。一緒にご飯を食べたりできる相手が欲しかったのです。でも、普通の男性からは肩書でとにかく恐れられてしまう。「パトロンがいるんじゃないか?」という目で見られたり。社会的な立場がはるかに上な男性ではないと、私は交際相手として許してもらえないのだと思っていました。

友人たちの意見は違いました。アーティストやデザイナーなどのカタカナ職業の男性をすすめられたのです。彼らは自分の腕だけで食べていて、出世競争よりも「いい仕事がしたい」という気持ちで働いているケースが多いので、ベンチャー社長という肩書で怖がられることない、と。

カタカナ職業という「フック」が念頭にあったおかげで、ダンサーの彼に反応することができたのだと思います。「今度、ご飯を食べに行こうよ」と私から誘って連絡先を交換しました。「いつが空いている?」と聞くと、彼は「いつでも空いています」との返事(笑)。すぐにデートしてお付き合いを始めました。

ここまで川崎さん自身の結婚体験を聞いてきた。この記事の後編では、それらから導き出された婚活に役立つアドバイスを伺う。

※後編は、1月2日公開予定です
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。