韓国で卵ショック、値段が一気に25%も上昇

鳥インフルで食用卵不足に

 12月21日、韓国では、鳥インフルエンザの影響で食用卵が値上がりしている。写真は鳥インフルエンザのまん延を防止するため、車を消毒する様子。抱川市で11月撮影(2016年 ロイター)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国では、鳥インフルエンザの影響で食用卵が値上がりしている。

同国で飼育されている家禽(かきん)の約12.2%に当たる(訂正)約2000万羽がこれまでに殺処分されたが、その大半は卵を産むめんどりだった。

韓国農水産食品流通公社によると、鳥インフルエンザの感染が11月18日に始まって以降、30個入りの卵の平均小売価格は約25%上昇し、過去3年超で最も高い6781ウォン(5.68ドル)になった。1カ月の価格上昇率としては、約10年で最大だという。

品不足解消のため、農林畜産食品省は米国やスペイン、ニュージーランドからのめんどりや卵の輸入を検討している。

専門家によると、鶏の生育などに最大2年かかる可能性があることから、卵不足は少なくとも1年続く見通し。

「韓国の家禽30%が影響を受けた場合、(鳥インフルエンザによる)経済的損失は最大で1兆4000億ウォン(11億7000万ドル)と推定される」と、現代研究所のアナリストは語った。

鳥インフルエンザの感染は、日本を中心にアジアの他の地域にも広がっている。

*12月21日配信した記事で、2段落目の「約4分の1に当たる」を「約12.2%に当たる」に訂正します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。