韓国で卵ショック、値段が一気に25%も上昇

鳥インフルで食用卵不足に

 12月21日、韓国では、鳥インフルエンザの影響で食用卵が値上がりしている。写真は鳥インフルエンザのまん延を防止するため、車を消毒する様子。抱川市で11月撮影(2016年 ロイター)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国では、鳥インフルエンザの影響で食用卵が値上がりしている。

同国で飼育されている家禽(かきん)の約12.2%に当たる(訂正)約2000万羽がこれまでに殺処分されたが、その大半は卵を産むめんどりだった。

韓国農水産食品流通公社によると、鳥インフルエンザの感染が11月18日に始まって以降、30個入りの卵の平均小売価格は約25%上昇し、過去3年超で最も高い6781ウォン(5.68ドル)になった。1カ月の価格上昇率としては、約10年で最大だという。

品不足解消のため、農林畜産食品省は米国やスペイン、ニュージーランドからのめんどりや卵の輸入を検討している。

専門家によると、鶏の生育などに最大2年かかる可能性があることから、卵不足は少なくとも1年続く見通し。

「韓国の家禽30%が影響を受けた場合、(鳥インフルエンザによる)経済的損失は最大で1兆4000億ウォン(11億7000万ドル)と推定される」と、現代研究所のアナリストは語った。

鳥インフルエンザの感染は、日本を中心にアジアの他の地域にも広がっている。

*12月21日配信した記事で、2段落目の「約4分の1に当たる」を「約12.2%に当たる」に訂正します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT