トヨタがWRC再参戦に込める本質的な狙い

2017シーズンは「ヤリスWRC」で走る

トヨタがWRCへ18年ぶりに帰ってくる

WRC。「世界ラリー選手権」の通称で呼ばれ、F1(フォーミュラワン世界選手権)と双璧を成す自動車レースの世界最高峰だ。欧州や南米、オセアニアなどの各国で舗装・未舗装の公道を市販車ベースのマシンが高速で駆け抜ける迫力が、モータースポーツファンの人気を集めている。「公道を舞台にした最も過酷なモータースポーツ」といわれることもある。

そのWRCにトヨタ自動車が18年ぶりに帰ってくる。トヨタガズーレーシング(TOYOTA GAZOO Racing)が、「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)をベースにしたワールドラリーカー(WRカー)の「ヤリスWRC」で、2017年1月20~22日に開催される「ラリー・モンテカルロ」から始まる全13戦の2017シーズンへ参戦する。

通算勝利数は日本メーカー最多の43勝

WRCといえばスバル(富士重工業)の「インプレッサWRX」、三菱自動車「ランサーエボリューション」のイメージが強い自動車好きも少なくないかもしれないが、かつてトヨタはWRCで強い存在感を発揮していた。「セリカ」「カローラ」などをベースにしたレースカーで1973年のWRC設立当初から参戦。通算勝利数は日本メーカー最多の43勝、4回のドライバータイトルと3回のマニュファクチャラーズタイトルを獲得したが、F1やル・マン24時間レースへの参戦も仕掛けていた時期に当たる1999年に撤退していた。

WRCにはスバル、三菱自動車のほかスズキも参戦していたが、現在はいずれもWRCから手を引いている。トヨタは日本車メーカーとして唯一復帰し、ヒュンダイ(韓国・現代自動車)やシトロエン、フォードなどと戦う。

2001年トヨタのカローラGTでラリーの道に入ったヤリ=マティ・ラトバラ選手と、ユホ・ハンニネン選手がステアリングを握る

トヨタがWRCへの再参戦を宣言したのは2015年1月30日にさかのぼる。それから約2年、今年12月13日には、フィンランド・ヘルシンキにあるフィンランディアホールでヤリスWRCの最終仕様とドライバーなどの参戦体制を発表。マシン開発に1年、パワートレインの開発には半年などとラリーカーとしては異例ともいえる短期間で準備を整えた。

ドライバーは、これまでヤリスWRCの開発を担当してきたユホ・ハンニネン選手に加え、2人目のドライバーとしてヤリ-マティ・ラバトラ選手の加入を発表。更にテストドライバーはWRCの一つ下のカテゴリーである「WRC2」チャンピオンのエサペッカ・ラッピ選手が担当する。

次ページブランド訴求だけが狙いではない
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。