日本はスポーツで「稼ぐ」国に変われるのか

「スタジアム・アリーナ改革」の目指す針路

この統計では、スポーツ産業を「小売」「興行」「施設」「公営競技」など11項目に分類している。その中でも、10年で大きく減少したのは、全体の約4割を占めて最大の競馬、競輪、競艇などの「公営競技」(1.7兆円減)と、2割を占めて2位に続く「施設」(1.2兆円減)である。「施設」は特にゴルフ場の売り上げの減少幅が大きく、 フィットネスクラブが増えはしたが、それも焼け石に水という状況だ。

一方、プロ野球、Jリーグ、大相撲などの「興行」は2012年に2843億円と2002年の2.3倍に増加。この拡大には、プロ野球の売り上げの増加、Jリーグのチーム数の増加などが大きく寄与していると思われる。ただ、それでも市場全体に対する構成比は2.5%と依然小さく、市場全体を押し上げるには程遠いのが現状だ。

では、日本と他国を比べるとどうだろう。

米国は日本の4倍の市場規模

日本のスポーツ関連市場は、先ほど述べたように2012年に11.4兆円(GDP比2.4%)という規模だった。これに対して、2013年に米国は48.5兆円(GDP比2.8%)、同じく韓国は3.7兆円(GDP比2.6%)という試算がある。もちろん、試算する方法や時点の違い、為替の変動などもあるので単純比較はできないが、参考にできるデータではある。

4大プロスポーツ(野球〈MLB〉、バスケットボール〈NBA〉、アメリカンフットボール〈NFL〉、アイスホッケー〈NHL〉)を有するスポーツ大国である米国は、日本の4倍以上の市場規模だ。日本はというと、10年前より縮小しており、GDP比では韓国よりも小さく、厳しい状態にあることがわかる。

はたして、日本でも「スポーツで稼ぐ時代」は来るのか。現実を見ると、どうやら心もとないと言わざるをえない。

次ページ「スタジアム・アリーナ改革」が始まった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT