「偽ニュースは危険だ」とクリントン氏

速やかな対応が必要との見解を表明

 12月8日、ヒラリー・クリントン前国務長官は、「偽ニュース」は危険で速やかな対応が必要との見解を示した。写真はワシントンで撮影(2016年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 8日 ロイター] - ヒラリー・クリントン前国務長官は8日、「偽ニュース」は危険で速やかな対応が必要との見解を示した。

クリントン氏は退任する民主党のリード上院院内総務を称える会合で、「ソーシャルメディアに過去1年間あふれた悪意ある偽りのニュースと偽りのプロパガンダ」に言及。民主主義のため立ち上がらなければならないとして、官民双方に行動を求めた。

クリントン氏は「いわゆる偽ニュースが現実の世界に影響をもたらす可能性があることはもはや明らかだ。これは政治や党派の問題ではない」として、一般人の生活にリスクをもたらしていると述べた。

クリントン氏自身、ワシントンのピザ店を同氏が児童の性的虐待拠点として運営しているとの偽ニュースがネットで流れ、「捜査」として来店した男が発砲する事件が発生している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。