「偽ニュースは危険だ」とクリントン氏

速やかな対応が必要との見解を表明

 12月8日、ヒラリー・クリントン前国務長官は、「偽ニュース」は危険で速やかな対応が必要との見解を示した。写真はワシントンで撮影(2016年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 8日 ロイター] - ヒラリー・クリントン前国務長官は8日、「偽ニュース」は危険で速やかな対応が必要との見解を示した。

クリントン氏は退任する民主党のリード上院院内総務を称える会合で、「ソーシャルメディアに過去1年間あふれた悪意ある偽りのニュースと偽りのプロパガンダ」に言及。民主主義のため立ち上がらなければならないとして、官民双方に行動を求めた。

クリントン氏は「いわゆる偽ニュースが現実の世界に影響をもたらす可能性があることはもはや明らかだ。これは政治や党派の問題ではない」として、一般人の生活にリスクをもたらしていると述べた。

クリントン氏自身、ワシントンのピザ店を同氏が児童の性的虐待拠点として運営しているとの偽ニュースがネットで流れ、「捜査」として来店した男が発砲する事件が発生している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT