「AmazonGo」はショッピングの革命となるか

レジ待ち行列が不要になるスゴイ仕組み

Amazon Goは、店舗ごと「チェックアウトレス」を前提にしていることから、商品をカバンに入れて店をそのまま出ることが許容される「場」であり、そうすることが自然に体験できる設計がなされているのだ。

その点で、決済ではなく、ショッピング体験の変革へと踏み出したことが、Amazon Goの注目すべきポイントと位置づけることができる。

最新技術と自社サービスを「かけ算」

最後に、アマゾンが取り組んでいることをより単純化してみると、トレンドになっている技術や複数の組み合わせを、同社のビジネスである「ショッピング」に適用したらどうなるか、というかけ算を素早く展開していることがわかる。

ドローンは規制も含めて注目が集まる技術だが、これをショッピングとかけ算したサービスが、冒頭に触れたPrime Airだ。また、コンピュータビジョン、深層学習、そしてセンサーネットワークを用いたのが、今回のAmazon Goということになる。

いずれも、技術の重要性や注目度の高さは報道のとおり理解できるが、では実際に何ができるのか、どんな未来の生活のスマートさをもたらすのか、というイメージとなかなか結びつかない。

アマゾンの取り組みは、ドローンにしても、自動運転に類する技術にしても、「商品が空を飛んで30分で届く」「ショッピングのレジ待ちがなくなる」という非常にわかりやすい未来を提示してくれている。実際、これらはすでに未来の話ではなくなった。

テクノロジーとして、Amazon Goを恐れる必要はない。ただし、実際にショッピング体験を覆すようなサービスが仕上がっている点に、大いに注目すべきだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。