国民的ヒロイン「大門未知子」の魅力とは?

米倉涼子が語る「ドクターX」の裏側

「東京カレンダー」独占!・・・「大門未知子」を演じる米倉涼子の素顔に迫る

「ドクターX」といえば、米倉涼子さんの押しも押されもせぬ代表作。その大ヒットの裏にある、女優の努力と素顔を探った。

主演女優が実感するドラマのすさまじい反響

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

今秋のドラマ「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」が、圧倒的な人気を見せつけている。他を引き離す高視聴率はもちろん、米倉涼子さんのこんな体験からも絶好調ぶりが伺える。

「お店に行ったりすると、『見ていますよ』と声をかけてくださるんです。いまは米倉さんじゃなくて" 大門先生"と呼ばれることが多いですね。

病院に行った時も本当のお医者さんに"大門先生だ!"と言われたり(笑)。女優の仕事は15年以上していますが、ここまでの反響のドラマはそうないので、嬉しいです」

大門未知子はもちろん実在しないのだが、ここまで存在しているかのように世間に認知されているのは凄いことだ。

2012年に第1期が始まり、大ヒット作品となり今回で4期目。2年ぶりの放映とあって、視聴者からの期待も大きい。だが、米倉さんに気負いのようなものは感じられず、むしろ朗らかな雰囲気。そのオーラは神々しくすらある。

「シーズンを重ねてくると視聴者の方も前回以上のものを楽しみにされていたりして、こちらとしても力が入ってしまいます。

でも、以前の放送を見てみんなで話すのは、"もっと患者さんに寄り添った見せ方をしようね"ということ。キャラクターの濃い出演者がそろいますが、患者さんあってのストーリーを大事にしたいです」

次ページあの名シーンが生まれたのは米倉さんの発案!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT