朝ドラ女優が「脇役」でもブレイクする理由

かつてとはオーディション方法も変化した

朝ドラ出身女優の活躍に注目が集まります。左から土屋太鳳、高畑充希、芳根京子、有村架純

若手女優の登竜門として知られる朝ドラヒロイン。しかしここ数年、ヒロイン以外の出演女優もブレイクするケースが増えている。

「新しくよい人材を見つけるためには幅広くオーディションをして、きっちり選ぶこと。現在のドラマ業界で定期的に出演者オーディションをオープンで行っているのが朝ドラとライダーや特撮シリーズだけですからね。また半年間、帯で放送される朝ドラは1クール(3か月)で終わる民放のドラマよりも放送時間が長いため、脇役にもスポットが当たりやすい」(ドラマ評論家・北川昌弘氏)

出演させる芸能事務所側にとってもメリットが大きいそうだ。

「朝ドラは幅広い層が見ていることもあり、出演後はCMが決まりやすいんです」(芸能事務所マネージャー)

さらには、現在のオーディション方法も影響しているようだ。「最近は“出演者オーディション”と銘打っているため、ヒロインの役にハマらなくても、よい人材は別の役で声がかかるそうです。『あまちゃん』のヒロインに落選したものの、脇役でチャンスをつかんだ有村架純、松岡茉優が最たる例です」(前出の北川氏)

朝ドラ出身女優たちの活躍はしばらく続きそう!

脇役からチャンスをつかむ

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

'11年『おひさま』、'14年『花子とアン』の出演を経て、昨年放送の『まれ』では見事ヒロインを務めた土屋太鳳(21)。ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』の好演も話題!

『ピーター・パン』など多くの舞台に出演し実力派として知られていた高畑充希(24)。'13年の『ごちそうさん』ではヒロインの妹役。今年放送の『とと姉ちゃん』で国民的女優へ。

次ページさまざまな番組で活躍中!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。