慶應幼稚舎男との格差婚は外部女子の願望だ

東京カレンダー「慶應内格差」<8>

「歯並びを見た?ガタガタの歯並び。お里が知れるってああいう事を言うのよ。歯並びは、育った家の環境を表すの。あの子のご両親はそこまで気が回らないような人たちよ」

歯並び。母の発言は予想外だったが、圭一郎も実は気になっていたことだった。

おカネが目当てよ だまされないで!

「それに!なんなの、あの安そうな生地のコートとハイヒール。もう28にもなってあれは無いわ」

レストランに着けばコートを脱ぐ。お座敷に上がる時はハイヒールを脱ぐ。どのブランドのコートかハイヒールかすぐバレてしまう。そこまで意識を回せるかどうか、ということか。

「しかもよ、そこに、ティファニーリング。ちぐはぐもいいところ。見えるとこだけブランドで固めておけばいいと思ってるのかしら。金メッキ感がすごいのよ」

ティファニーのリングは圭一郎が誕生日にあげたものだ。由佳がその価値をしっかり分かっているかどうかはわからなかったが。

「きっとあの子は圭一郎、いや私たちのおカネが目当てよ。地方から来たどこの馬の骨かも分からない子に騙されないで」

「あの子と結婚して、圭ちゃんに子供が出来ても、絶対幼稚舎に入れないわよ」

由佳はごく一般的な家庭で育った、ごく普通の子だ。自分の幼稚舎や内部生の友人と比べると、確かに垢抜けない。

栞は身につける洋服やアクセサリーも上品で、もちろんアナウンサーになるだけの容姿を持っていた。歯も白く揃っている。

改めて栞にフラれてしまったことが残念で、彼女に並ぶだけの男になれなかったことも悲しい。

そんなことを思っていたところに、由佳からの連絡。

「圭ちゃんのお母さんってとっても綺麗な人でびっくりしたよ!優しそうな人で安心した」

そうか、由佳の目にそう映っていたのであれば良かった。俺からすると、食事の最中も母が嫌味の一つでも言い出すのではないかとヒヤヒヤだった。

「あとね、圭ちゃん、出来るだけ早く話したいことがあるんだけど、時間あるかな……?」

次ページ圭一郎は人生の覚悟を決める!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。