「カストロ後」のキューバを襲う変化の荒波

革命の理想を貫いた国はどこへ向かうのか

革命政府が目指した平等主義は、「搾取をしない」という決意のもと、雇う側と雇われる側、つまり労使関係を作らない社会システムを構築した。その結果、製造業など国を支える産業は育っておらず、生活必需品も食料も多くを輸入に頼っている。懸命に働いても賃金が上がらず、賃上げ交渉もできない。「オール公務員」の制度ゆえ、どんなに頑張っても賃金が「平等」のため働くモチベーションも上がらない。

加えて革命以前から、キューバは砂糖の生産など単一栽培に大きく依存した「モノカルチャー経済」に頼ってきた。その構造は社会主義になっても変わらず、相場の不安定さに振り回される状況に陥っている。

フィデル氏の死が意味すること

「この経済状況は何とかして変えていかねばならない」。そんな思いをキューバの政府も国民も共有している。ところが、富を平等に分配する社会主義の理想とぶつかり、変革が遅々としたペースで進む中、待ちきれずに国外へ亡命したり、移住を企てたりする人が引きもきらない。

そんな歯がゆい思いを抱えるキューバの人々は、突然の「フィデルロス」に動揺を隠せないでいる。

「覚悟はしていたけれど、いつまでも生き続けるイメージだった。アンチや敵からも一目置かれ、人々から尊敬を得る、そんな大きな存在を失うなんて信じられない」と、30代写真家のアンヘルさんは話す。40代のミュージシャン、ルドフォさんも、「いいことも、悪いことも含めて生まれたときからずっと一緒に歩んできた人。悲しいとしか言えない」と肩を落とす。

奇しくも11月25日は、キューバ革命の最中、フィデル氏が亡命先のメキシコから、ゲバラ氏など仲間とともに、「グランマ号」でキューバに向かった記念すべき船出の日。その日、若きフィデル氏が胸に抱いた平等への理想を噛み締めながら、「変わるべきとき」を迎えるさびしさを、多くの人が実感しているのかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT