プレハブで9階建て、住宅メーカーの「空中戦」

相続税対策で中高層階住宅の需要が拡大

旭ホームズが公開した実験棟(左)。パナホームは神戸市に7階建ての実例物件を建設した(右)

ハウスメーカーが競って、4階建て以上の中高層建物に参入している。

まず動いたのがパナホームだ。2016年10月11日、工業化住宅、いわゆるプレハブ住宅で過去最高となる9階建てまで対応可能な新架構造、「ビューノナイン(Vieuno9)」を神戸市内に建てたことを発表した。17年1月に商品として発売する。この9階建てを武器として2018年度に3階建て以上の多層階住宅で1000億円の受注額を見込む。

パナホームの発表から約2週間後、中高層階住宅への参戦を表明したのが旭化成ホームズだ。8階建てまでの建築を可能とした「へーベルビルシステム」を、東京都区部で11月より先行販売することを発表。発売時期において先陣を切ることとなった。ただ、2020年度の受注目標は4階建て以上を合わせ500億円と、パナホームに比べるとやや控えめだ。

トヨタホームの後押しを受け参戦へ

この2社のほかに、ミサワホームも”空中戦”への参戦を表明している。竹中宣雄社長は「現状は5階建てまでしか建てられないが、将来はもっと上を目指す」と意欲は満々。ミサワホームは11月22日、トヨタホームによるTOB(株式公開買い付け)で子会社となる方針が発表されたばかり。トヨタ自動車を親会社に持つトヨタホームの資金力をテコに、近い将来必ずや参戦してくるはずだ。

こうした背景には縮小が避けられない国内住宅市場の現実がある。新設住宅着工戸数は2008年度の約104万戸を最後に80万戸台まで低下。消費増税前の駆け込み需要で2013年度に一時的に98万戸まで戻したが、それでも100万戸を超えることはできなかった。今後は年60万戸を割り込むとの予測も出されている。このような事情から新たな収益商品を開発する必要があるのだ。

次ページ中高層住宅が増えるもう一つの理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT