「寝ても疲れが取れない人」に迫る体の危険

睡眠時無呼吸症候群を疑ってみよう

そのようなCPAPをつけて眠れない方に歯科でできる睡眠時無呼吸症候群の治療方法としてマウスピース療法があります。

マウスピース療法は、すべての方に適応というわけではなく、中等度程度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群の方に効果があるといわれています。体質改善などの原因療法とともにマウスピース療法を行っていくと、多くの症例で改善が見られています。

まず耳鼻咽喉科、呼吸器科、睡眠外来のある神経内科等で受診します。検査診断後マウスピースが必要とされた場合、医科からの紹介により歯科にてマウスピースを作製します。

スリープスプリントの効果は?

スリープスプリントと呼ばれるマウスピースを就寝時に装着します。スリープスプリントは、下あごを少し前に出した状態に誘導することで、下あごや舌が後ろに下がることを防ぎ、気道を確保した状態になり鼻呼吸を促進します。SASだけでなくいびき対策にもつながります。

作製回数は2~3回かかります。健康保険が適用になりますが耳鼻咽喉科等の診療情報提供書、マウスピース作製依頼書が必要になります。金額は3割負担の方で1万円程度です。依頼書等がない場合は自費診療となり3万~5万円程度です。

スリープスプリントは個人の歯型に合わせて製作し、始めはあごの痛みや違和感がありますが、数カ月の使用で徐々に慣れてきます。総入れ歯や、ひどい顎関節症の方は使用できないこともあります。マウスピース療法は、CPAPに比べると比較的手軽な方法であると思われます。気になる方は担当の専門医にマウスピース療法の適応かどうかしっかりと相談してみる必要があります。

睡眠時の姿勢も睡眠時無呼吸症候群に関係があります。仰向けで寝ると重力の影響で舌が奥に下がりやすいです。一方、横向きで寝ると気道の閉鎖を軽減させる場合があります。

アルコールの摂取にも注意です。寝る時はただでさえ筋肉が緩んでいますが、アルコールの影響でさらに筋肉を緩ませることになります。お酒を飲んだ日にいびきをかいてしまうという経験がある方は、これが当てはまります。寝る前に水を飲む、寝酒は控えるということがリスクを減らすことにつながります。

太り過ぎも原因になります。首や喉周りに脂肪が付くことと大きくかかわるので、適正な体重を維持すること。治療のひとつとして痩せることも挙げられます。口呼吸にも注意です。鼻呼吸よりも気道が閉鎖しやすい状態になるからです。鼻炎などの症状がある場合も口呼吸になりやすい傾向にありますので、耳鼻咽頭科の受診をおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群は本人が気付いていないケースも多々あるようです。放っておくと日常生活に支障をきたすだけでなく、生活習慣病や死に至る病気にまでつながるおそれもあります。いま一度生活を見直す機会をぜひ作ってみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。