「ガンダム」は、歴史を深く学ぶヒントになる

安彦良和総監督が語る現実世界との関連性

シャアがガルマを英雄に仕立て上げたのもザビ家への復讐心から ©創通・サンライズ

――デギン(ザビ家の頭領)のガルマ(ザビ家の4男)への溺愛ぶりに、ギレン(ザビ家の長男)とキシリア(ザビ家の長女)が互いに顔を見合わせたように見えました。冷酷さだけではない親子や家族の関係が垣間見えたのですが、演出の狙いはなんでしょうか。

最終的にギレンが父デギンを殺して、キシリアが兄ギレンを殺すという結末を知っている人は、「えっ、あいつらそんなに仲いいの?」と思うでしょうね。あの時点では、お互いにアイコンタクトをする程度の心のつながりはあったということです。

――キシリアが肌を露わにしたドレスを着て男性とダンスをするシーンが出てきます。彼女の怜悧な性格からすると、相手を油断させる作戦ですか。それとも女性らしい一面もあるのですか。

キシリアは男兄弟の中で育って、あまり女らしさを見せる場面がありませんが、「私だって女なのよ」という気持ちは彼女の中にあるのでしょう。口紅だって塗りたいとか。ダンスも本当に楽しんでいたと思います。でも、その後で拳銃の引き金を引かせる。「怖いなあ、この女」と感じてもらえたらと。

ランバ・ラルはシャアに気づいたか?

――ミノフスキー博士(モビルスーツの生みの親)はなぜジオンを脱出して地球連邦に亡命しようと思ったのですか。

直接的には連邦の引き抜きとして描いていますが、身の危険を感じて逃亡するとか、イデオロギー的にジオンに加担したくないとか、そういった心理も念頭に置いています。自分がジオンでモビルスーツという悪魔の兵器を作ってしまった結果、戦力バランスが一気にジオンに傾く。自分が連邦でもモビルスーツを開発すれば拮抗状態を取り戻して最悪の事態は防げる、そんな思惑もあったかもしれません。

――クライマックスのモビルスーツ戦ではランバ・ラル(幼少時のシャアを知るジオンの武将)とシャアがチームを組んでいます。作戦実行前にランバ・ラルはシャアに会っているはずですよね。

そうでしょうね。

――そのときにランバ・ラルはシャアの正体に気づかなかったのですか。

安彦良和(やすひこ よしかず)/1947年生まれ。弘前大学中退。アニメーターとして「宇宙戦艦ヤマト」などに参加。テレビアニメ「機動戦士ガンダム」ではキャラクターデザイン、作画監督を務めた(撮影:梅谷秀司)

シャアは絶対にしっぽをつかませませんよ。そういう男です。でも、正体がばれたら、そこで話が止まってしまいますから。そこは「お約束」ということで。

――モビルスーツ戦ではジオン軍の圧倒的な強さに驚かされます。

シャア、ランバ・ラル、のちの黒い三連星(3人のエースパイロットで構成される部隊)がチームを組んでいます。ジオン最強の5人が相手です。モビルスーツの数で勝る連邦軍が「たった5台か」とたかをくくっていましたが、勝ち目はありません。

――この後、ルウム編が終わるとファーストガンダムの冒頭につながります。そうしたら、あらためてファーストを映像化してみたいと思いますか。

それは僕の年齢とかコンディションとかいろいろありますが、ここまできたらやってみたいですね。分量が半端じゃないですけどね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT