韓国検察がサムスン電子を家宅捜索

国政介入疑惑絡み

 11月8日、韓国検察は、朴槿恵大統領の親友、崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐる捜査の一環として、サムスン電子の社屋を家宅捜索した。写真は検察に出頭した同容疑者。提供写真。1日撮影(2016年 ロイター/Yonhap via REUTERS)

[ソウル 8日 ロイター] - 韓国検察は8日、朴槿恵大統領の親友、崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐる捜査の一環として、サムスン電子<005930.KS>の社屋を家宅捜索した。

聯合ニュースによると、崔容疑者の娘に対し、サムスンが金銭的な支援を不正に行った疑いがあるという。

サムスン電子は社屋が家宅捜索を受けたと認めたが、それ以上のコメントは控えた。

聯合ニュースによると、崔容疑者と娘が共同で保有する会社にサムスンが280万ユーロ(310万ドル)を提供した疑いについて検察は調査を進めている。娘は馬術の元韓国代表。

サムスン電子の朴商鎮・対外担当社長は現在、韓国乗馬協会会長を務めている。聯合ニュースは同氏の事務所が家宅捜索の対象になったと伝えた。同氏からコメントは得られていない。

検察筋が明らかにしたところでは、検察は捜査の一環としてすでにサムスンの幹部を事情聴取した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT