韓国検察がサムスン電子を家宅捜索

国政介入疑惑絡み

 11月8日、韓国検察は、朴槿恵大統領の親友、崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐる捜査の一環として、サムスン電子の社屋を家宅捜索した。写真は検察に出頭した同容疑者。提供写真。1日撮影(2016年 ロイター/Yonhap via REUTERS)

[ソウル 8日 ロイター] - 韓国検察は8日、朴槿恵大統領の親友、崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐる捜査の一環として、サムスン電子<005930.KS>の社屋を家宅捜索した。

聯合ニュースによると、崔容疑者の娘に対し、サムスンが金銭的な支援を不正に行った疑いがあるという。

サムスン電子は社屋が家宅捜索を受けたと認めたが、それ以上のコメントは控えた。

聯合ニュースによると、崔容疑者と娘が共同で保有する会社にサムスンが280万ユーロ(310万ドル)を提供した疑いについて検察は調査を進めている。娘は馬術の元韓国代表。

サムスン電子の朴商鎮・対外担当社長は現在、韓国乗馬協会会長を務めている。聯合ニュースは同氏の事務所が家宅捜索の対象になったと伝えた。同氏からコメントは得られていない。

検察筋が明らかにしたところでは、検察は捜査の一環としてすでにサムスンの幹部を事情聴取した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT