JFE、3000億円ハイブリッド債の「功罪」 やはり買収防衛の一環?資本コストの秩序混乱に懸念も

JFE、3000億円ハイブリッド債の「功罪」 やはり買収防衛の一環?資本コストの秩序混乱に懸念も

金融ジャーナリスト 伊藤 歩

3月17日、ジェイエフイーホールディングス(JFE)が3000億円のハイブリッド債を発行した。金融支援目的以外で、かつ国内の事業会社としては2001年のNEC、06年秋の新日鉄、イオンに次ぐ4例目になる。

ハイブリッド債とは、その名のとおり社債と株式双方の性格を併せ持つ証券。永久劣後債や優先株を指し、格付け会社はその商品設計に応じて資本性を判断、格付けを決めている。

JFEのハイブリッド債は、まず5年4カ月後を償還期限とする新株予約権付き社債(CB)を発行する。倒産時などにほかの債権者に劣後する劣後特約付きなので、格付け会社から7割の資本性を認められている。

償還を現金で実施するのか、55年債に乗り換えさせるのかの決定権はJFEが握っている。

大型のCB発行におけるポイントの一つ、株式転換による希薄化割合はどうか。今回のCB発行時点の発行済み株式総数は6億1443万8399株。100%転換されると3516万9988株分増えて、6億4960万8387株。ゆえに希薄化割合は5・72%になる。

転換価格に下方修正条項をつけたMSCBが盛んに発行された04~05年当時は、希薄化割合で2割、3割はザラだった。それを思えば5・72%という数値はケタ違いに低い。

新日鉄のスキームはタックスヘイブンを使った複雑なものだったが、JFEのスキームはストレートに取引銀行3行に割り当てるタイプ。

だが、基本的に条件面は新日鉄のスキームとよく似ている。引受先、金額はまったく同じだ。希薄化率も5・62%と近似している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT