ボルボSUV「XC60」300馬力超えモデルの実力

2リッター4気筒だからといって侮るべからず

コーナーの連続する道では、それこそひらりひらりと車重を意識することなくカーブをクリアできる。車高の高いSUVでこの走りが味わえるのであれば、あえてスポーツカーを選ぶ必要もないのではないと感じてもそれは間違いではない。道を攻めるに従って味わえるクルマとの一体感は、ボディがひとまわりも小さくなったのかと錯覚する。こうしたスポーティなドライブフィールは、誤解を恐れずに言えばXC90よりも楽しいと評価したくなる。

XC60のT6 AWD Rデザインでは、Rデザイン専用のグリルやバンパー、255/45R20サイズのタイヤや5本スポークデザインの専用ホイールなどを採用し、スポーティなアピアランスを提供する。ドライバーズシートもサイドサポートが張り出したスポーティな形状で、内外装ともにRデザインが特別なグレードであることを改めて意識させてくれた。

デビューしたての新世代フォルムを纏った3列シートのXC90にばかり話題が集まるのはしかたがないことだとしても、パーソナルユースを前提に考えれば、XC60もまだまだ多くの魅力を持っている。もちろん、ボルボ自慢のセーフティデバイスも最新バージョンで標準装備。走りも安全性も死角はない。

ドイツブランドが火を付けた世界的なSUVブームは、一過性どころかすっかり定着した感もある。ライバルの多いこのカテゴリーの中にあっても、熟成なったXC60の魅力は色あせていない。それどころか、いまでも一線級のバリューを持つSUVだとさえ思わせる。基本設計の確かさと、地道にクルマを進化・改良させていくボルボの技術陣の力量を感じないワケにはいかない。スポーティなSUVは、ドイツブランドの専売特許ではない。そして新型車だけが最良ではないということを、XC60はステアリングを握る者に対して雄弁に語りかけるのだ。

ボルボ XC60のルーツ

ボルボ XC60のルーツは2007年1月のNAIAS=北米国際自動車ショー(通称デトロイト モーターショー)で初公開されたXC60コンセプトで、当時はまだフォード傘下のPAG(プレミア オートモーティブ グループ)に属していた。

ジャガーやランドローバー、そしてアストンマーティンなどのニューモデルと同時に行われたPAGのプレスカンファレンスでは、XC90に続く期待のクロスオーバーSUVとして、堂々たる存在感を示した……という会場での記憶が、まるで昨日のことのように蘇る。リーマンショック前夜のデトロイトは、いまでは想像出来ないほど活気づいていた。会場に出向いた誰もがそう肌で感じることが出来たのだ。

XC60登場の後、それに続くS60やV60、そして世界的なヒット作となったV40も同様のデザインコンセプトを採用したのはご存知のとおり。つまり、XC60は、現行ボルボのデザインを作り上げた立役者と言っても良い存在なのだ。

(文・嶋田智之)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT