ボルボSUV「XC60」300馬力超えモデルの実力

2リッター4気筒だからといって侮るべからず

現在ボルボでは、今後開発するニューモデルでは排気量の上限をもはや2リッターの4気筒までと決めており、2トンオーバーのXC90であってもこのパワーユニットを使っている。裏を返せば、それだけこの新世代のDrive-Eに自信を持っているということにほかならない。

参考までにDrive-Eのバリエーションは、最高出力152psの1.5リッター直4ターボとなるT3、最高出力245psの2リッター直4ターボとなるT5(XC60には直列5気筒ターボのT5もあるのでややこしい)、そして今回紹介する最高出力306psの2リッター直4ターボ+スーパーチャージャー付きのT6、さらにXC90には、このエンジンにモーターが加わりシステム合計407psの最高出力を誇るプラグインハイブリッドのT8も用意される。

新しいDrive-Eユニットは、ボルボのディーゼルユニットと多くの部品を共用している。ディーゼルエンジンは高い圧縮比にも耐えられるよう非常に堅牢。つまり、これをガソリンエンジン用に流用した際には、300馬力など余裕で許容できる基本性能があるということだ。従来のXC60の高性能エンジンであるT6が3リッター直6ターボエンジンで304psであったことを考えると、排気量などこの際関係などないことも分かる。

XC90の巨体と2080kgの車重をもってしても、余裕の走りに終始するT6エンジンである。ひとまわり小さく、車重が1880kgしかないXC60のT6 AWD Rデザインには、予想どおり十分すぎるほどのパフォーマンスをもたらすことになる。

低速域ではスーパーチャージャーが働き、アイドリング+αの2100rpmで最大トルクを発生するというカタログデータに嘘偽りはなく、街中ではほぼ3000rpmも回せば、十分交通の流れをリードできる。8速に多段化されたトランスミッションとのマッチングも良い。静かにスピードが乗るといった印象だ。意識してアクセルを踏み込みでもしない限り、高回転域とはほぼ無縁。それでも決して遅いと感じるヒマはない。

スーパーチャージャーとターボチャージャーの切り替えは自然で、よほど注意深くエンジン音を聞かない限り分からないが、こちらも意識してアクセルを踏み込めばトルクが一気に盛り上がり、ターボが確かにそこにあると存在感を理解できる。教えられなければ、誰がこのエンジンパワーを2リッター4気筒のものだと思うだろうか。T6のエンジンをスポーティだと紹介することにいささかも躊躇はない。

XC90よりも楽しい!?

SUVにしてスポーティだと印象付けるもうひとつの理由は、実はハンドリングにもあった。ボディのしっかり感は、正直最新のXC90よりもいいぐらいだ。ステアリングを切ったときのボディとの一体感やソリッド感は、デビューから8年たったが、こちらがまだまだ上だと感じさせる。

次ページXC60の魅力は色あせていない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT