営業ってそんなに格好悪いですか?

奴隷にならないための営業の論理

少し脱線しますが、人間関係でも同じようなことを思います。自分が嫌いだったり苦手だったり感じる人は、大抵、自分のことも同じように嫌いで苦手なものです。ではそういう相手のことをどれくらい知っているかというと、実は大して知りません。当然です。嫌いな人のことなど知りたくないからです。

つまり知らないのに嫌いなわけです。もっと言うと知らないからこそ嫌いなわけです。

もしかしたら、その人にはよいところがたくさんあるのに、そんなよいところを知らないから嫌いなだけかもしれません。よいところが見えていないだけかもしれません。そう考えると円満な人間関係実現のためには、まずは苦手な相手を無理やりにでも知ることから始めるのが、とても大事だと感じます。

ひるがえって、営業も同じだと思います。営業は何かということがきちんとわかっていないと、言葉は踊るし機会損失もするし、結果として食わず嫌いにもなるのではないでしょうか。

今日はそんな営業について、具体的に考えていきたいと思います。

社員はつねに営業とともに

営業とは何でしょうか?

自然体で言語化してみると、営業というのはモノなりサービスなりを提供する手前にあるすべての行為であり、商取引を行うすべての企業活動の源泉となるものです。どの会社にも必要な仕事であるし、極端なことを言えば、組織に所属する人の全員が意識しなければいけないことだと思います。

したがって営業が好きとか嫌いとかの以前に、社員はつねに営業と共にあるわけです。

でもそれはきれい事でもあります。そんな理屈は営業マインドをみんな持とうという気持ちの話であって、組織には職種が存在し、その中で売る人や作る人や創る人が分かれている。そのうち売る人にならなくても、組織の中では生きていける。きっとそれがリアリズムだと思います。

次ページ職種としての営業
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT